ホンダレーシングサンクスデー2018 会場レポート | マシンとの距離数メートル! 肌で感じられる“ファン感謝祭”

  • 筆者: オートックワン 編集部
  • カメラマン:オートックワン 編集部

ホンダモータースポーツのファン感謝祭、今年も開催

ホンダのモータースポーツイベント「ホンダレーシングサンクスデー2018」が、2018年12月9日に栃木県・ツインリンクもてぎで開催された。

各モータースポーツのオフシーズンに行われている本イベントは、今年も大盛況。24,500人のホンダファンがもてぎに駆けつけた。

◆【総数121枚!】丸一日盛り上がったイベント内容を画像で見る

朝からアツい! 充実のイベント内容

会場にはF1を始めとするホンダのレースカー・レースバイクが勢揃い。各ブースの中にはファンが体験可能なものもあり、F1マシンとの記念撮影およびインディ500マシン・GT3マシンのコクピット体験ブースには長蛇の列ができていた。

展示される車両も現役マシンだけではなく、ホンダが手掛けた過去の名車から次世代マシンまで内容は幅広い。

F1マシンは、ホンダF1活動第一期の「Honda RA301」、第二期の「Lotus 100T」「McLaren Honda MP4/6」が手に触れられそうなほどの近距離で飾られており、興味深く眺めるファンが多かった。もちろん、現役F1マシン「Toro Rosso Honda STR13」も会場に持ち込まれている。

国内選手権のスーパーフォーミュラやスーパー GTのマシンも会場を盛り上げたが、中でも目新しかったのは次世代のスーパーフォーミュラマシン「SF19」。来年から出走するこのマシンは、ドライバー保護デバイス「ヘイロー(HALO)」の採用など現行マシンとは見た目でも大きく異なっている。来シーズンからの熱い走りが期待できるレースカーとして、熱い視線が注がれていた。

イベントは朝から開場され、レーシングカートや「スーパーカブ」「N-ONE」を用いたトップドライバーによるレースが催されるなど、プログラムは盛りだくさん。また、サーキットコースとは別エリアに設けられたステージでは、ホンダのF1ドライバー ピエール・ガスリー選手を始めとするトップドライバーのトークショーが随時行われており、ファンからすればまさに“お腹いっぱい”な数々のプログラムが展開された。

◆【関連記事】ホンダF1ドライバー ガスリー選手、日本の子ども達に向け“夢を叶える秘訣”を語る

スーパーGT、スーパーフォーミュラも続々と登場!

午後になると、イベントの盛り上がりはさらに加速。会場で展示されているレースマシンが順次コースインしていき、サーキットを駆け抜けるという夢のような展開となった。

まず行われたのは、スーパーフォーミュラのマシンによるエキシビションレース。フォーミュラカーの国内最高峰に相応しい、熱い走りをファンに見せた。

続いてホンダの高性能バイク「RC213V‐S」によるエキシビションレースを挟んだ後、スーパーGTマシンが出走。コース上はホンダの「NSX-GT」だらけという、本来のスーパーGTでは見られない光景となった。抜きつ抜かれつのバトルを繰り広げた後は、2018年のチャンピオンマシンとなった「レイブリック NSX-GT」で隊列を組んでパレードラン。美しいフォーメーションを見せながらチェッカーを受けた。

その後も、ホンダの4輪レースマシンと2輪レースマシンのコラボや、今季で引退するMotoGPライダー ダニ・ペドロサ選手のラストランなど充実のプログラムとなったが、中でも筆者の脳裏に強い印象を与えたのは、ホンダ歴代F1マシンの共演シーンだ。

もてぎの空に響く“ホンダミュージック”の三重奏にホレる

「Story of Honda F1」と名付けられたそのプログラムは、歴代のホンダF1マシンがツインリンクもてぎを続けざまに走るという、ホンダモータースポーツの歴史を凝縮した内容。走行したマシンはホンダF1第一期「Honda RA301」、第二期「McLaren Honda MP4/6」、現役マシン「Toro Rosso Honda STR13」の3台で、ドライバーはそれぞれジェンソン・バトン選手、佐藤琢磨選手、ピエール・ガスリー選手が務めた。

レースマシンは、走り出す前の準備で耳をつんざくほどの大きなエンジン音を発するが、F1マシンの場合その迫力はより大きく感じられる。肌が震えるほど大きいそのエンジン音を、ファンはわずか数メートルから聞くことができるのだが、耳を抑えながらマシンを見つめる彼らの表情はどこかにこやかだ。ただうるさいのではなく、思わず口角が上がってしまいそうになるというか、自分の中で発するアドレナリンを抑えるのに必死な様にも見える。

F1マシンが次々にコースへ出ていく。マシンが奏でる音は、それぞれ違う。

RA301は、サウンドの中に「バリバリ」という音が入るのが印象的だ。製造されたのは1968年。走っている姿を見ると、40年以上前のマシンには見えなくなってしまった。MP4/6は、これと比べるとやや音が滑らかなイメージだ。

そして、2018年のSTR13。1.6リッターV6ターボエンジン&モーターで疾走するそのマシンは速く、そしてエンジン音が美しい。スピードが変化すると、まるで音楽のテンポが変わったかのようにさえ聴こえてきた。

ホンダのレースマシンのエンジン音を「ホンダミュージック」と表現したりするが、なるほど確かに心を揺さぶる美しい“音楽”だった。きっとサンクスデーの来場者は「ホンダミュージック」を聴きに足を運んでいるのだろう。

もてぎの空に3基のエンジン三重奏が響く。ずるい、こんなのを聴いたら好きになってしまう。ファンになる以外無いじゃないか。

[筆者/撮影:オートックワン編集部]

ホンダレーシングサンクスデー2018 フォトギャラリー

☆☆☆画像をクリックして、大きな画像をチェック! ☆☆☆

>>もっと多くの写真を見たい方はコチラ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者オートックワン 編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

ホンダの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる