写真でチェック!ホンダ 新型NSX(2019年モデル)はどこが進化したのか!?

  • 筆者: オートックワン 編集部
  • カメラマン:和田 清志/オートックワン 編集部

NSXは“元祖”和製スーパーカー

世界にはいわゆる“スーパーカー”と言われるスポーツモデルは数多くありますが、現在販売されている国産スーパースポーツは日産 GT-Rとホンダ NSXしかありません。

初代ホンダ NSXは、1990年に“国産唯一のスーパーカー”として登場し、オールアルミ製モノコックや軽量なV6 VTECターボエンジン、ロボットによる大量生産ではない手作業での生産などが大きな話題となり、子供から大人まで憧れる存在でした。

>>ホンダ 新型NSX(2019年モデル)の画像をさらに見る【全148枚】

そして、初代登場から26年の時を経て、3.5リッターV6ターボエンジン+モーターというハイブリッドスポーツとして2代目NSXが誕生。さらに2018年10月、改良モデルとなる2019年モデルを発表(発売は2019年5月から)し、各方面から多くの注目を集めています。

今回はそんな和製スーパースポーツカーであるホンダ 新型NSXのメカニズムや内外装のデザインを、オートックワン独自の画像も交え、今一度振り返ってみたいと思います。

制御系を見直し本質で勝負できるクルマへ

最高出力507ps、最大トルク56.1kgmを発生する3.5リッターV6ツインターボエンジンに、合計3基(フロント2基リア1基)のモーターを組み合わせたシステム構成に大きな変更はありませんが、走行シーンに応じてクルマの特性を変更するこのできるインテグレーテッド・ダイナミクス・システム」の制御を最適化。

アクティブ・ダンパー・システム、VSA、EPSの各制御や「SPORT HYBRID SH-AWD」の駆動配分制御をさらに熟成されています。

エンジンとモーターを合わせたシステム最高出力は581psと、世界の名だたるスーパースポーツに比べやや非力とも言われることもあります。ですが、後述するサスペンションの熟成に加え、制御系の見直しを行ったことにより、初代NSXがそうであったように、力ではなく高い運動性能で勝負するスポーツカーとして、より“らしくなった”と言えるでしょう。

剛性アップでシッカリ感の増したサスペンション

「変更点があまりない」と言われることもある新型NSXですが、制御系と共にサスペンション回りという目には見えないポイントが大きく見直されています。

フロントスタビライザー26%、リアスタビライザー19%、リアコントロールアームブッシュ21%、そしてリアハブが6%とそれぞれの剛性を向上。これに合わせ、磁性流体ダンパーの制御と減衰力を見直し、スーパースポーツとしてはややマイルドな味付けだった2016年モデルと比べて、シッカリ感のあるスーパースポーツらしい乗り味へと変更されています。

その乗り味とステアリングフィールは乗り手を選ぶような尖った仕様ではなく、誰もが快適に操ることができる「人間中心のスーパースポーツ」なのです。

スーパースポーツらしい存在感のあるデザイン

フロントグリルを従来のシルバーからボディーと同色にしたほか、フロントとリアのメッシュパーツや、オプション設定の各種カーボンパーツを、従来のマット仕上げからグロス仕上げに変更。またオプションでブレーキキャリパーのカラーを、ブラック、シルバー、オレンジ、レッドから選択可能です。

刺激的なボディカラーと質感の高いインテリアカラーを追加

新型NSXのトピックとしては、外装色に目にも鮮やかな「サーマルオレンジ・パール」を追加。インテリアでは落ち付きと質感の高い「インディゴ」の追加に加え、スポーツカーらしいレッドの内装色も、セミアニリンフルレザーパワーシート(オプション設定)で選択可能になりました。

また、これまでカーボンファイバーインテリアスポーツパッケージ(オプション設定)の一部だったアルミ製スポーツペダル&フットレストが標準装備化され、内外装共に質感と存在感がアップしています。

[筆者:オートックワン 編集部 撮影:和田 清志/オートックワン 編集部]

ホンダ 新型NSX(2019年モデル)の主要スペック

ホンダ 新型NSX(2019年モデル)の主要スペック
価格(消費税込)23,700,000円
全長×全幅×全高4490×1940×1215mm
ホイールベース2630mm
車両重量1800kg(カーボンセラミックブレーキローター装着車は1780kg)
乗車定員2人
エンジン3.5リッターV6 DOHCツインターボ
排気量3492cc
エンジン最高出力373kW(507ps)/6500-7500rpm
エンジン最大トルク550N・m(56.1kgm)/2000-6000rpm
モーター最高出力前:27kW(37ps)/4000rpm(1基あたり)
後:35kw(48ps)/3000
モーター最大トルク前:73N・m(7.4kgm)/0-2000rpm(1基あたり)
後:148N・m(15.1kgm)/500-2000rpm
駆動方式AWD(SPORT HYBRID SH-AWD)
トランスミッション9速オートマチック+パドルシフト
JC08モード燃費12.4km/L
タイヤサイズ前:245/35ZR19 93Y
後:305/30ZR20 103Y

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者オートックワン 編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ NSXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ NSXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ NSXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ NSXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ NSXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる