MOTAトップ 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ホンダがS660に800ccエンジンを搭載した「S800」を欧州に投入か

自動車評論家コラム 2015/7/1 11:45

ホンダがS660に800ccエンジンを搭載した「S800」を欧州に投入か

関連: ホンダ S660 Text: 国沢 光宏 Photo: 茂呂幸正/オートックワン編集部

海外から「!」な情報が入ってきた。「ホンダが欧州市場に800ccエンジン搭載のS660を投入することを決めた」とか。この件、十分可能性はある。以下、考察してみたい。

【画像で見る】ホンダ S660

ホンダ S660コンセプト

まず生産ライン。ホンダも現在の好調な販売状況が続くとは思っていない。ビートの時もデビュー直後注文殺到するも、1年後に落ち着いてしまった。その後、次期型を計画出来ないほどの販売台数に低迷してしまう。

S660を開発する際も国内市場だけでは生産ラインを維持できないと考えたようだ。そこで輸出も視野に入れ、車両開発をしたのだろう。 現に海外からもS660を販売したいという声が多いそうな。

といってもアメリカ市場は衝突安全性など多くの点で大幅な構造変更が必要になる。売るとすれば欧州市場しかない。

ただ軽自動車ワクに合わせて作られたS660だと「欧州で販売しようとすれば性能面で物足りないと思います」(S660開発関係者)。

ホンダ S660コンセプト

当然の如く車両企画段階でデザインまで考慮され、結果、フェンダーなど車幅を拡幅するためのボディ関係パーツは、全てボルト止めにしたという。

具体的に書くと、フロントフェンダー左右とリアフェンダー左右の4枚のプレス部品と、前後バンパーを交換するだけで全幅1600mm程度のグラマラスな、ロータスエリーゼのようにカッコ良いボディとなるようだ。

サスペンションも片側50mm程度の拡幅であれば大きな変更をしないでもOKという構造になっているそうな。この点については、S660の試乗会時に「もし軽自動車の規格が変わったら対応出来ますか?」と聞いてみたら、前述の答えだった。

ホンダ S660

いずれにしろ車体関係は欧州仕様であっても、いともたやすく作れるようになっていると考えていい。今になって思えば、最初から想定していたのだろう。

問題は搭載するエンジンである。その情報では800ccだという。

S660がデビューする前は「3気筒1000cc仕様がある」と言われていた。この件に関して聞いてみたら「今より大きいサイズのエンジンは搭載できません」と。物理的に今のエンジンがギリギリというのだ。

ということは660ccエンジンをベースにすれば排気量アップも可能だと言うことになる。

800cc/100馬力なら何とかなる?

ということで車体側は当初から800cc程度のエンジンを搭載するワイドボディを作れるようになっていたのだった。

ホンダ S660コンセプト

気になる販売時期だけれど開発は容易。日本でS660の受注が少なくなったタイミングで発売されると考えていいだろう。

早ければ来年秋のパリサロンあたりで発表か? 日本でもこの800ccのS660バージョン「S800」?が販売されたら欲しくなりそうだ。

筆者: 国沢 光宏

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ S660 の関連編集記事

ホンダ S660の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ S660 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR