軽自動車の安全性能はここまで進化した! 「自動ブレーキ」「ACC」「衝突安全性能」など、今どき先進安全装備を解説【 I LOVE 軽カー 】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
軽自動車は広い居住空間や高い利便性だけ? やっぱり事故ったら普通車に比べて危ない? そんなこと全然ありません! 最近の軽自動車は安全性能が格段に進化しているのです。ここでは、具体的に何がどう進化しているのか、メーカーによって何が違うのかを、各安全装備ごとに分かりやすくお届け!
目次[開く][閉じる]
  1. 週イチ連載! I LOVE 軽カー
  2. 最新の軽自動車の安全装備を項目ごとに解説
  3. 毎週木曜日はI LOVE 軽カー

週イチ連載! I LOVE 軽カー

今回は6月に紹介した最新の軽自動車に搭載される先進安全装備の解説を振返り! 見逃してしまった、もしくは初めての方も是非チェックしてみてくださいね。

最新の軽自動車の安全装備を項目ごとに解説

ここまで進化した! 各社の衝突被害軽減ブレーキを解説

いまや車に欠かせない装備といえば、障害物を検知して衝突が避けられないと判断するとクルマが自動的にブレーキをかけて減速する「衝突被害軽減ブレーキ」。一般的には通称「緊急自動ブレーキ」、略して「自動ブレーキ」と呼ばれたりもします。

最近の新車では当たり前の装備になっている衝突被害軽減ブレーキは飛ぶ鳥を落とす勢いで普及すると同時に、システムもどんどん高性能化。いまや軽自動車にも当然のように付いています。だから、どのクルマを選んでもいい……なんて考えている人がいたら、ちょっと待った! 決してどれもが同じなんてことはないのです。

以下の記事では、軽自動車の衝突被害軽減ブレーキを、メーカーや車種による性能差、選ぶポイントについて解説しています。

あると便利な軽自動車の「ACC」各メーカー性能の違いは?

みなさんは「クルーズコントロール」と呼ばれる装備をご存知ですか?

高速道路走行時にドライバーをサポートするアイデアで、セットするとドライバーがアクセルペダルから足を離しても速度を一定に保ってくれる機構です。ドライバーのアクセル操作に代わり、状況に応じたエンジン回転にクルマ自ら制御するものです。ドライバーはアクセルを踏み続けなくてもいいから疲労を軽減でき、高級車を中心に1980年代から存在しています。

以下の記事では、そんな近年は驚くほど高度に進化したクルーズコントロールについて解説しています。

軽自動車の「衝突安全性能」、その現実は!?

ひとくちに「安全性能」といってもいくつかの方向があります。大きく分けると「衝突する前の安全性能」と「衝突してからの安全性能」の2つ。

前者は予防安全性能などとも呼ばれ、代表的なのは「衝突回避支援ブレーキ(緊急自動ブレーキ)」など事故を未然に防ぐ仕掛け。後者は「衝撃吸収ボディ」や「エアバッグ」といった、事故を避けることができずにぶつかってから乗員を保護するものがあてはまります。

以下の記事では、後者の「衝突してから効く安全性能」について解説しています。

未然に事故防止に役立つ「標識認識機能」「誤発進抑制機能」

ここ10年ほどで軽自動車の安全装備は驚くほど進化し、先を争うように先進装備が広く普及する状況になっています。見落としを防いで事故を防ぐことにつながる「標識認識機能」と、アクセルとブレーキを踏み間違えても、勢いよくぶつかるのを防ぐ「誤発進抑制」のふたつの機能も、少し前までは想像もできなかったような安全装備です。

毎週木曜日はI LOVE 軽カー

このコーナーでは、日本独自の規格の中で成長してきた軽自動車についてアレコレ紹介していきます!

次の更新は7月9日(木)。 次回もお楽しみにー!

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

ホンダ/N-WGN
ホンダ N-WGNカタログを見る
新車価格:
122.7万円182.7万円
中古価格:
36.8万円1,031.1万円
日産/ルークス
日産 ルークスカタログを見る
新車価格:
141.6万円206.7万円
中古価格:
14万円239.8万円
日産/デイズ
日産 デイズカタログを見る
新車価格:
129.7万円181.2万円
中古価格:
16.9万円194万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ N-WGNの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-WGNのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-WGNの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-WGNの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-WGNのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる