ホンダ新型「シビックタイプR」日本では1000台限定販売!?

いよいよ欧州で先行発売!日本はいつ?

ホンダ 新型シビックタイプR

新型「ホンダ シビックタイプR」が、いよいよ欧州で先行発売される。

【画像で見る】新型シビック タイプR

新型シビックタイプRは、ル・マン24時間レースの時にフランスでも披露され、パレードラップ。その後、ホンダブースに展示された。もちろん、しっかりと見てきました!「日本車なのに、なんで欧州から売るの?」という不満はさておき、現在分かっている情報をいくつか。

2リッターとは思えない、途方もないトップスピードを叩き出す

ホンダ 新型シビックタイプR
ホンダ 新型シビックタイプRホンダ 新型シビックタイプR

まず、新型シビックタイプRの基本スペックを並べておく。

搭載されるエンジンは2リッター直噴ターボで310馬力&最大トルク400Nm。ニュルブルクリンク市販車FFモデル最速記録を持つ「ルノー・メガーヌRS 275 トロフィーR」の275馬力を凌ぐ。

6速マニュアルトランスミッションを組み合わせており、最高速は2リッターエンジンとしては途方も無い「270km/h」とのこと。 ちなみに、6速ギアが伸びきって270km/h出るということなので、レーシングカーと同じようなギア配分を持つ(普通の市販車の6速は燃費を稼ぐための巡航用)。

車重はメガーヌRS 275 トロフィーRの1.310kgより少し重い「1,382kg」と発表されている。ル・マンで展示されていた車両は、イギリスで先行販売される右ハンドルじゃなく「左ハンドル」でした。

実車を見て興味深かったのが「ボディワーク」。トレッドを確保するためワイドフェンダーとし、空気抵抗の減少と高速域でのダウンフォースを少しでも稼ぐべく、大型のリアスポイラーやディフューザー形状のリアバンパー、それだけではなくフロント部分のリップスポイラー、そしてテールランプ下に空力付加物が加えられている。

ブレーキは、もはや定番になった「ブレンボ」。競技にも使えそうなほど大きなサイズの対向ピストンだった。

気になるダンパーを聞いてみたら「まだ公表してません」。ニュル一等賞を狙うなら、オーリンズかビルシュタイン、ザックスしかないでしょう。今まで欧州生産のタイプRはザックスだったので、迷うこと無い?

なんと!日本での販売は台数限定!?

ホンダ 新型シビックタイプR

続いてタイヤを見て「あらま!」、“無印”であります!

御存知の通り、タイヤでサーキットのラップタイムは大きく変わる。全長2kmの筑波サーキットですらSタイヤを履けば2秒速くなるほど。13km以上あるニュルなら簡単に10秒も違う。御存知の通り新型シビックタイプRはプロトタイプでメガーヌのラップを更新してます。その時のタイヤを知りたかったのだけれど、どうやら“公開できないタイプ”だったようだ。

考えてみれば最近の86レース用のタイヤを見ると、Sタイヤ(真っ直ぐ方向のミゾが無く雨天時は使用制限ある)でなく、市販タイヤのパターンで超ソフトコンパウンドのタイプも出てきた。そういったタイヤを使っていたのかもしれない。

すでにニュルは危険防止のため全開アタックを禁止。もし市販タイヤを使った新型シビックタイプRの全開アタックが済んでいなければ、開発目標の「ニュルで市販FF車世界最速」のタイトルは難しくなってしまう。

もう一つとっておきの情報を!日本での販売は「1,000台限定」になるようだ。新型シビックタイプRが欲しいなら、早めに動いて吉です。

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ryugon(龍言)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ シビックタイプRの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シビックタイプRのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シビックタイプRの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シビックタイプRの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シビックタイプRのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる