”テンロク”最強伝説はここから始まった!4代目 ホンダ シビック(EF型)【MOTA写真館】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
1987年に4代目となったホンダ シビック。「グランドシビック」と呼ばれていたことからもわかるように、落ち着きのあるコンパクトモデルとして登場。ホンダらしく130馬力を発生させるDOHCエンジンを搭載したスポーティーグレード「Si」もデビュー当初からラインナップしていた。しかし、ライバルは145馬力を発生させるパワフルなエンジンを搭載したコンパクトモデルを登場させ、コンパクトモデルのパワー争いは日増しに激化。もちろん、その様子をホンダが黙って見ているはずがなかった。

>>角のあるスタイリングがカッコいい!4代目 EF型シビックの内外装を写真で見る

目次[開く][閉じる]
  1. ファミリーからモータースポーツまで懐の深い欲張りコンパクトカー
  2. “テンロク”ハイパワー競争にNA VTECで勝負を挑む
  3. スペックや価格
  4. 自動車史に残る名車を振り返る【MOTA写真館】

ファミリーからモータースポーツまで懐の深い欲張りコンパクトカー

4代目シビック(EF型)がデビューしたのは1987年で、日本ではまさにバブル期の真っ只中。世間が好景気に沸く中でデビューすることになった4代目シビックは、先代から受け継がれるシャープなフォルムを維持しつつも、よりワイド&ローなスタイリングに進化。

高い質感の内装に加え、新開発の前後ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用し、クラスを超えた贅沢な装備となっている。3ドアハッチバックと4ドアセダン、さらに5ドアハッチバックを揃え、若者から家族連れまで幅広い層から人気を獲得していた。

“テンロク”ハイパワー競争にNA VTECで勝負を挑む

トヨタ カローラ レビン/スプリンター トレノ(AE92型)や三菱 ミラージュ(C53A型)など、1,600cc(通称:テンロク)エンジンを積む当時のライバルたちが高出力のエンジンを搭載したスポーツグレードを設定し、コンパクトスポーツカーのハイパワー化が盛んに行われたいた。

一方ホンダは、1989年9月に行われたマイナーチェンジで、当時4代目インテグラに搭載され話題となっていたB16A型 1.6リッターVTECエンジンを搭載したスポーツグレード「SiR」をデビューさせる。ライバルたちが、スーパーチャージャーやターボといった過給機を使用することでパワーをアップしていた中、ホンダ シビック SiRは自然吸気VTECエンジンで勝負を挑んだのだ。

7,600rpmという高回転で最高出力160馬力を発生し、軽量ボディ+高回転高出力NAエンジンの組み合わせは、走りのホンダをイメージ付けることに大きく寄与した。

スペックや価格

■サイズ:全長×全幅×全高=3,995mm×1,680mm×1,335mm(SiR)

■エンジン:直列4気筒 DOHC VTEC 1600cc B16A型(SiR)

■最高出力:160馬力/7,600rpm

■最大トルク:15.5kgm/7,000rpm

■ボディタイプ:3/5ドアハッチバック、4ドアノッチバックセダン

■トランスミッション:4速AT/5速MT

■価格:145万9000円(SiR)

自動車史に残る名車を振り返る【MOTA写真館】

子供ころ憧れたスポーツカー、テレビドラマに出ていたあのクルマなど、実に多くのクルマたちが私たちの記憶の中に存在する。

MOTA写真館では、そんな懐かしいあんなクルマ、こんなクルマをプレイバック。あなたが初めて買ったクルマ、いつかは買うぞと決めていた憧れのクルマがいつ登場するのか?そんなことを思いつつ、次回もぜひ楽しみにしていただきたい。

▼これまでご紹介した名車はコチラ!▼

【MOTA写真館】スバル レガシィ(初代)

【MOTA写真館】マツダ RX-7 FC型(2代目)

【MOTA写真館】日産 スカイライン(8代目:R32型)

【MOTA写真館】ホンダ インテグラ(2代目)

【MOTA写真館】ポルシェ 959

ホンダ/シビック
ホンダ シビックカタログを見る
新車価格:
294.8万円294.8万円
中古価格:
16万円2,523.8万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ シビックの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シビックのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シビックの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シビックの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シビックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる