新型ヴェゼルと新型ノート AUTECH クロスオーバーはライバルになり得る!? キャラはずいぶん異なるが室内の広さはほぼ互角

画像ギャラリーはこちら
日産 新型ノート e-POWERをベースに、カスタムカー“AUTECH(オーテック)”ブランドの新型クロスオーバーモデルとして登場した「ノート AUTECH クロスオーバー」。日産には既にコンパクトSUV「キックス」があるが、また新たなコンパクトSUVの誕生である。納期待ちが続く人気のコンパクトSUV、新型「ホンダ ヴェゼル」と比べ、その実力を確かめてみよう。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型ノート AUTECH クロスオーバーの価格帯は、ヴェゼル e:HEVとフィット クロスター e:HEVのちょうど中間に位置する
  2. 全高低めで流麗なクーペスタイルの新型ヴェゼルと、短い全長がかわいらしい新型ノート AUTECHクロスオーバー
  3. 実際に乗り比べてみると、2台とも「見た目以上に広い」室内にびっくり

新型ノート AUTECH クロスオーバーの価格帯は、ヴェゼル e:HEVとフィット クロスター e:HEVのちょうど中間に位置する

ホンダ ヴェゼルは、現行型で2代目となるコンパクトSUV。2021年4月にフルモデルチェンジを実施したばかりのニューモデルだ。1.5リッターガソリンと、e:HEV(ハイブリッド)が用意されている。価格は、ガソリン車(FF)265万8700円/(4WD)287万8700円、ハイブリッド車(FF)227万9000円~329万8900円、(4WD)249万9200円~311万8500円となっている(価格は全て消費税込み、以下同)。

いっぽう、日産 新型ノート AUTECH(オーテック) クロスオーバーは、ベースのノート同様にe-POWER(ハイブリッド)専用モデルである。

“プレミアムスポーティ”をコンセプトに、コンパクトカー「ノート」をドレスアップした「ノート AUTECH」をベースに車高をアップ。外装にもSUVテイストの仕立てを加えたカスタムカーだ。価格は(FF)253万7700円/(4WD)279万6200円と、ヴェゼルより割安な設定となっている。

ホンダにはもう1台のライバル「フィット CROSSTAR(クロスター)」もある

ただしホンダでは、コンパクトカー「フィット」をベースにしたクロスオーバーモデル「フィット CROSSTAR(クロスター)」がある。新型ノート AUTECH クロスオーバーとど真ん中のライバルとなれは、本来こちらとなる。

フィット CROSSTARのe:HEVモデルの価格は(FF)228万8000円/(4WD)248万6000円。ノート AUTECH クロスオーバーよりも割安な設定である。内外装も、よりカジュアルなイメージが強い。ホンダ内でもプレミアム度の高い新型ヴェゼルとしっかりすみ分けが出来ている印象だ。

プレミアム系コンパクトSUVという面から、今回はヴェゼルとノート AUTECH クロスオーバーを比較してみよう。

全高低めで流麗なクーペスタイルの新型ヴェゼルと、短い全長がかわいらしい新型ノート AUTECHクロスオーバー

写真で見ただけでも、新型ヴェゼルと新型ノート AUTECHクロスオーバーでは、随分とキャラクターが異なっていることがわかる。

新型ヴェゼルのボディサイズは、全長4330mm×全幅1790mm×全高1580(4WDは1590)mm、ホイールベース2610mm。最低地上高は(FF)185~195mm/(4WD)170~180mmとなっている。車高の高さに対しフォルムは低くめで、クーペ風の流麗なスタイルが特徴だ。

対する新型ノート AUTECHクロスオーバーのボディサイズは、全長4045mm×全幅1700mm×全高1545mm、ホイールベース2580mm。最低地上高145mm(4WDは150mm)である。全長が285mmも短いこともあって、ヴェゼルと較べてしまうとずんぐりして見えるが、室内の広さは外から見ても感じられる。

実際に乗り比べてみると、2台とも「見た目以上に広い」室内にびっくり

実際に新型ヴェゼルと新型ノート AUTECHクロスオーバーの2台を乗り比べてみよう。

新型ヴェゼルと新型ノート AUTECHクロスオーバー、2台の車高自体はおよそ35mm異なるが、最低地上高(地上と床面の高さ)で40mm程度の違いがあることから、実質的な車体自体の天地方向は、あまり変わりがない。

新型ヴェゼルはクーペ風のフォルムだから、スタイリング重視で室内はさほど広くなさそうに見える。しかし実際には前後席とも余裕があり、見た目以上に広く感じられるのが面白い。

対するノート AUTECHクロスオーバーは、より短い全長の中に効率を重視したパッケージングが特徴。特に後席のゆとりは、頭上・足元空間共にヴェゼルよりも勝っている。

ともあれクルマの室内空間は、見た目の印象だけでは判別できないということの好例が、この2台からは実感出来る。ぜひ販売店に出向き、実際に乗り比べてみて欲しい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:和田 清志・NISSAN・Honda]

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円298.7万円
中古価格:
12万円319万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 法師温泉 長寿館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる