2022年早々にもフルモデルチェンジの新型ヴォクシー vs 現行型ヴォクシーを比較! 納期と照らし合わせ冷静に選びたい

画像ギャラリーはこちら
トヨタのミニバンの中でも良く売れている「ヴォクシー」は、広い室内をフルに活かしたゆとりある3列シートレイアウトが自慢だ。現行型はデビュー8年目。間もなく2022年早々にもフルモデルチェンジが予想されている。

まだ見ぬ新型と、値引きも拡大中で買いやすくなった現行型。果たしていま、どちらを狙うべきなのだろうか。改めて比較してみよう。

目次[開く][閉じる]
  1. フルモデルチェンジ間近のヴォクシー! 既にメーカーへのオーダーもストップしている模様
  2. 2021年10月現在、現行型ヴォクシーの各販売店での在庫はまだ豊富にある模様
  3. 新型ヴォクシーと現行型ヴォクシー、どっちを選ぶべき!?

フルモデルチェンジ間近のヴォクシー! 既にメーカーへのオーダーもストップしている模様

トヨタ ヴォクシーは、Mクラスミニバンを代表する1台。ライバルには「日産 セレナ」や「ホンダ ステップワゴン」がある。2リッターガソリン車と、1.8リッターハイブリッド車を設定。また兄弟車「ノア」「エスクァイア」も用意されている。

現行型は2014年1月登場の3代目。2022年にはデビューから8年を迎えることから、いよいよフルモデルチェンジが実施される見込みだ。

次期型では「エスクァイア」は廃止され、ヴォクシーも「ノア」と統合される可能性がある。

その準備のためか、2020年春にはグレードラインナップを整理。標準グレードは廃止され、エアログレード「ZS」系と、同グレードをベースにした「GR SPORT」と特別仕様車「煌(きらめき)III」のみの選択肢になっている。

新型ヴォクシー/ノア 2021年中にいよいよフルモデルチェンジ!? 兄弟車エスクァイアはひと足お先にモデル廃止へ

2021年10月現在、現行型ヴォクシーの各販売店での在庫はまだ豊富にある模様

まだ公式発表はないが、既に全国の販売会社でも、メーカーに対する新車の新規オーダーは終了している模様。つまり2021年10月現在、ヴォクシーを買う場合には、各販売店の在庫車から選ぶことになる。カタログに載るメーカーオプションと指定のボディカラーを、任意で選ぶことはもう出来ないという訳だ。

ただし、グレードが整理されているヴォクシーの場合もともと選択肢も少ない。また各販売会社があらかじめ発注したものの、まだ生産が終わっていないクルマもあり、今すぐ在庫が尽きるという状況ではないという。

新型ヴォクシーと現行型ヴォクシー、どっちを選ぶべき!?

モデル末期ならではの大幅値引きを活用し、夢だった上級グレードを狙ってみる手も

普通に考えると、フルモデルチェンジ間近なクルマを買うのはなかなか勇気がいる。ただしこれが、大幅値引きを伴うと考えればどうだろうか。現行型ヴォクシーはいま、そういう立ち位置にいる。

例えば予算の都合で高価なハイブリッドをあきらめていた場合でも、今ならその夢がかなう可能性があるのだ。

いっぽうフルモデルチェンジ直後の新型は、当然ながら値引き条件は非常に厳しい。他社のライバル車と比較検討しても、値引きで勝負してくることはないだろう。この辺りのトータルコスト差は非常に大きなものとなる。冷静に判断したいところである。

そもそも新型では納期の見通しが立ちにくい! 車検切れなどで乗換えを検討する場合には注意が必要だ

また現在、トヨタをはじめとする各社は、新型コロナウィルスの影響による海外生産部品の供給遅れや、半導体不足などにより、生産ラインの調整を伴うほどの大幅な納期遅れが発生している状況にある。納期の見通しも立ちにくい。

従来なら車検切れに合わせ、その2、3か月前くらいから商談をスタートする、というのが当たり前だったが、それでは遅すぎるのが現状なのだ。ましてや、2022年早々にもフルモデルチェンジが見込まれる新型ヴォクシーを狙うとなると、人気も集中することが予想される。納期にも相当に余裕を見ておかないとならない。

例えば直近6ヶ月後の車検を機に乗り換えようという場合、納期が見えやすい現行型の在庫車乗り換えも視野に入れたほうが良いだろう。

いずれにせよ、のんびりしている暇はない。新型であれ現行型であれ、ヴォクシーへの乗り換えを検討しているのなら、迷わず販売店とコンタクトをとって、最新の情報を得ることを強くお勧めする。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]

トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
281.4万円344.3万円
中古価格:
18万円426.8万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ビーチサイド温泉リゾートゆうみ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ヴォクシーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヴォクシーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヴォクシーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヴォクシーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヴォクシーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる