話題の新型SUV「カローラクロス」、ホンダ ヴェゼルよりもど真ん中のライバルは「三菱 RVR」だった!

画像ギャラリーはこちら
2021年9月14日(火)、トヨタから新型「カローラクロス」が発売された。老舗ブランド“カローラ”の名を冠し、流行りのコンパクトSUVクラスに新参入したニューモデルだ。ライバルにはホンダ ヴェゼルなどが挙がるが、忘れてはならないのが「三菱 RVR」だ! 懐かしい名前だと感じる方も多いかもしれないが、かつてのスライドドア付きハイトワゴンモデルから大きく進化し、現行型はコンパクトSUVモデルとなっているのである。実はカローラクロスとRVR、比べれば比べるほど「ライバルど真ん中」なのである。
目次[開く][閉じる]
  1. カローラシリーズの“良質廉価”思想を受け継いだコストパフォーマンスの高いモデル「カローラクロス」
  2. ヴェゼルの価格設定を強く意識し、さらに少しずつ安いカローラクロス
  3. 価格面でもガチのライバル! ベテランモデル「三菱 RVR」の存在も忘れてはいけない!

カローラシリーズの“良質廉価”思想を受け継いだコストパフォーマンスの高いモデル「カローラクロス」

トヨタは2021年9月14日(火)に新型車「カローラクロス」を発売した。1966年登場の初代カローラから数え55年。国内でも有数の歴史を持つ老舗ブランド“カローラ”の名を冠した初のコンパクトSUVモデルである。

ボディサイズは、全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm。

搭載されるパワーユニットは、1.8リッターガソリンエンジン(最高出力140ps/最大トルク170Nm)と、同ハイブリッドモデル(システム最高出力122ps)の2タイプ。ハイブリッド車にのみ4WDモデルも設定される。

他のカローラシリーズも使用するTNGA GA-Cプラットフォームを採用し、高剛性な走りと快適な乗り心地を実現。先進運転支援システム「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」も全車標準装備する。

カローラシリーズが歴代のモデルで受け継ぐ“良質廉価”の思想を受け継ぎ、販売価格もガソリンモデルで199万9000円から264万円、ハイブリッドモデルは259万円から319万9000円だ(価格はすべて消費税込)。

なにより200万円を切るスターティングプライスはインパクトがある。

ヴェゼルの価格設定を強く意識し、さらに少しずつ安いカローラクロス

そんな“良質廉価”な新型カローラクロスのライバル車として真っ先にあがるのが「ホンダ ヴェゼル」だ。

ボディサイズは、全長4330mm×全幅1790mm×全高1580~1590mm。1.5リッターガソリン車と同ハイブリッド車があり、ともに2WD(FF)と4WDの用意がある。ヴェゼルの価格は、227万9200円から329万8900円まで。

こうしてみると、199万9000円から319万9000円というカローラクロスの価格設定は、ヴェゼルをかなり強く意識している(そして少しずつ安い!)ことがわかる。

価格面でもガチのライバル! ベテランモデル「三菱 RVR」の存在も忘れてはいけない!

“良質廉価”がコストパフォーマンスの高さを指すのだとすれば、このクルマも忘れてはいけない。三菱のコンパクトSUV「RVR」だ。

RVRといえば、かつて1991年から2003年まで同名のスペースワゴンモデルがあった。現行型RVRのデビューは2010年で、車名こそ同じながら直接的なつながりはない。ベテランモデルだが、度重なる改良を加え現在に至っている。

ボディサイズは、全長4365mm×全幅1770~1810mm×全高1630~1640mm。搭載されるのは1.8リッターガソリンエンジン(最高出力139ps/最大トルク172Nm)のみで、に2WD(FF)と4WDの設定がある。3グレードが設定され、価格は214万3900円から274万4500円。カローラクロスのガソリンモデルとはど真ん中のライバルモデルとなる。

カローラクロスとの共通点で言えば、スマートフォン連携ナビゲーションシステムや、大開口部を誇るパノラマガラスルーフの設定などが挙げられる。

コンパクトモデルとはいえ、プラットフォームのベースは現行型アウトランダーと共通のもの。安定感ある走りは兄貴譲りだ。他とは違う個性が欲しいユーザーなら、こちらも併せて検討してみると良いだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:三菱自動車工業・トヨタ自動車]

三菱/RVR
三菱 RVRカタログを見る
新車価格:
214.4万円274.4万円
中古価格:
20万円255.2万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 石苔亭いしだ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる