ダイハツが送る新しいコンパクトクロスオーバー「タフト」と「ロッキー」のデザインの違いを比較

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年6月発売予定のダイハツ 新型「タフト」。同社のスーパーハイトワゴンモデルのタント、登場から圧倒的人気を誇るコンパクトSUVロッキーに続くDNGA第3弾モデルは、軽自動車の利便性とレジャーなどでも使える遊び心をプラスした、SUVテイストを併せ持つクロスオーバーモデルだ。

そこで今回は、ダイハツが送る異なるタイプ・ジャンルのコンパクトSUV「タフト」と「ロッキー」を比較する!

目次[開く][閉じる]
  1. エクステリア比較
  2. インテリア比較
  3. まとめ

▼前回の新型タフト vs ハスラー 徹底比較はコチラ!▼

エクステリア比較

スクエアなフォルムに力強い黒の前後フェンダーの組み合わせが軽自動車ながらSUVらしいタフさ・ギア感を強調している新型タフト。一方ロッキーにも、SUVの定番装備となるホイールアーチやボディ下まわりの樹脂パーツが装着されているが、樹脂部分の見せ方は新型タフトと比べると控えめな印象。

軽自動車と登録車の違いはあれど、新型タフトは下半身に重厚感を覚え、ロッキーは軽快な印象だ。

フロントマスクは、スクエアボディに揃えた角目でここでもタフさが強調されている新型タフトに対し、台形グリルに切れ長な目のロッキー。ここでも、重厚な新型タフト、軽快なロッキーといった印象を受ける。

また、新型タフトはフロント・リヤ全体的にメッキやシルバー加飾が施されているのに対し、ロッキーはそこまで加飾は施されていない。

インテリア比較

新型タフトのダッシュボードは、ブラックをベースにオレンジのアクセントで飾られている。また、新型タフトには運転視界を景色に変える大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」が備えられている。対してロッキーはブラック系のシンプルで落ち着いた印象。サンルーフ等は備えないが、頭上に十分な空間があり圧迫感もなく居住性に不満はなし。

シートはどちらも黒基調にオレンジのアクセントが施されポップな印象。

新型タフトはリアシート及び荷室を「フレキシブルスペース」と名付け、荷物たくさん運べるような作りとなっている。荷室に備わるフレキシブルボードを下段にすれば背の高いものを安定して載せることが可能となり、立てかけモードにすれば高さのある荷物を載せることができる。

ロッキーの荷室は後席背もたれを起こした状態の通常時は、荷室奥行きが755mm、荷室高が740mm、荷室幅が1000mm(メーカー測定値)と、コンパクトクロスオーバーながら十分な広さを担保している。こちらも新型タフト同様、フロアボードが上段、下段の2段で設置可能。

まとめ

新型タフトはタフさ・ギア感が強めのキャラクター、ロッキーは都会的なクロスオーバーと異なるキャラクターがしっかりと分けられている。軽自動車カテゴリーと、Aセグコンパクトクロスオーバーとジャンルこそ違えど、どちらもレジャーシーンから日常で使うことまで、幅広く使えるモデルだ。

※一部の画像はTAFTコンセプト(東京オートサロン2020参考出品車)も含まれます。

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

ダイハツ/ロッキー
ダイハツ ロッキーカタログを見る
新車価格:
170.5万円242.2万円
中古価格:
49.8万円265.8万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる