ダイハツ 新型タント vs ホンダ N BOX どっちが買い!?徹底比較(1/3)

ダイハツ 新型タント vs ホンダ N BOX どっちが買い!?徹底比較
ダイハツ 新型タント G フロント ダイハツ 新型タント G インパネ ダイハツ 新型タント G シート ダイハツ 新型タント X フロント 画像ギャラリーはこちら

人気の「スライドドア付き」軽トールワゴン2台、勝敗はどちらの手に!?

どっちが買い!?徹底比較には、今回のチョイス「ダイハツ 新型タント vs ホンダ N BOX」ほどピッタリな組み合わせはないだろう。新型タントとN BOXは、ボディサイズやスタイル、シートアレンジなど、機能からデザインまで共通する部分がとても多いからだ。

そうなると、購入する時も大いに迷う。もちろん「どちらでも良い」とはいえない。軽自動車はボディが小さく、ちょっとした造りの違いが使い勝手に大きく影響するからだ。

実用重視ということで、シートアレンジの使い勝手なども含めて見極めてみよう。

【新型タント vs N BOX エクステリア対決】

ダイハツ 新型タント G フロントダイハツ 新型タント L リアホンダ N BOX フロントホンダ N BOX リア

まずはボディサイズだが、新型タント、N BOXを含め軽自動車の全長と全幅は規格枠いっぱいの寸法。全長は3,395mm、全幅は1,475mmで等しい。全高は異なり、タントは1,750mm、N BOXは30mm高い1,780mmになる。

ホイールベース、つまり前輪と後輪の間隔も、タントの2,455mmに対してN BOXは65mm長い2,520mmだ。ちなみにN BOXは室内を広く確保するため、エンジンの補機類も工夫してボンネットを短く抑えた。

ホイールベースを前輪駆動の軽自動車で最長としたのも、空間効率を向上させるためだ。

もっとも、タントもフロントウィンドウの位置を前に寄せて角度を立てたから、ボディを真横から見ると両車は識別できないほど良く似ている。

ダイハツ 新型タント オートライトダイハツ 新型タントカスタム フロントメッキグリル(LEDイルミネーション付)ホンダ N BOXホンダ N BOX CUSTOM

フロントマスクは、新型タントが従来の持ち味を継承しており、柔和な印象を受ける。N BOXはミニバン風というか、グリルに厚みを持たせた。

そして両車ともに「カスタム」の名称でメッキグリルやエアロパーツを備えた上級シリーズを設けているが、このフロントマスクはかなり似通ったデザインだ。

似て非なる、スライドドアの使い勝手

ダイハツ 新型タント 乗降グリップ

外装関連で異なるのは「スライドドア」。

2013年10月3日に掲載した「ダイハツ新型タント[2013年フルモデルチェンジ]新型車解説」でもお伝えしたとおり、新型タントでは、従来は右側後部の横開き式であったドアをスライド式に変更した。

従って、新型タントはN BOXと同じく両側にスライドドアが備えられるようになったのだが、新型タントの左側は、先代タントと同じくピラー(ルーフを支える柱)をスライドドアに内蔵させている。

そのため、前後ともにドアを開くと開口幅は1,490mmとワイドに広がる。

新型タントでは、ワイドに開くスライドドアを有効活用するため、いくつかの工夫が施されている。

一つは、助手席の上部に乗降用グリップを設けたこと。お年寄りや子供が、リアシートへの乗り降りがしやすいように配慮されている。

ダイハツ 新型タント シートアレンジ(助手席を前倒し+左リヤシート格納)

二つ目は、助手席スライド量の拡大。

助手席を前方にスライドさせると、リアシートとの間に前後方向で695mmの空間ができて、荷物を大開口のスライドドアから車内の中央に持ち込める。

リアゲートを開いて積んでも良いが、荷室の床面は地上からの高さが595mm、スライドドアの部分であれば370mmに収まるので、収納のし易さで差が付く。

ホンダ N BOX

では、N BOXはどうだろうか。スライドドアの開口幅は左右ともに640mmだ。

タントの左側を前後ともに開いた時の寸法にはかなわないが、フロント側のドアを閉じた状態では勝敗が変わる。リア側のみのタントの開口幅は左側が605mm、右側は595mmになるからだ。スライドドアだけを使った時の乗降性は、N BOXの方が優れている。

この背景にあるのは、中央のピラーの位置関係だ。新型タントに比べてN BOXのセンターピラーは若干前寄りで、スライドドアの開口幅を広げた。

いい換えれば、フロントドアの開口幅はN BOXが少し狭まる。路面とスライドドア部分の床の間隔は、タントが前述の370mm、NBOXは380mm。床の高さは同等と考えて良い。

1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ダイハツ タントの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タントのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タントの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タントの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タントのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる