ハイブリッドが追加されたダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ! グレード選びが悩ましいが1.2リッターガソリンがオススメだ

画像ギャラリーはこちら
5ナンバーサイズのSUVという点やリーズナブルな価格などを理由に、登場から2年が経っても依然好調な販売が続いているダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ。今回1.2リッターハイブリッドの追加と、FFモデルに新開発の1.2リッターエンジンが搭載された。FFモデルを購入する場合、ガソリンとハイブリッド仕様のどちらを選択すべきか難しい選択となる。だが、実際に試乗したジャーナリストの永田恵一さんは1.2リッターNAの出来が良いという。そこで今回は価格や燃費、そして走りを加味してそれぞれのメリットを解説してもらった。
目次[開く][閉じる]
  1. ロッキー&ライズは全3つのエンジンをラインアップ! ハイブリッドはFFだけ
  2. 1.2リッターNAは乗り心地が改善! ハイブリッドはエンジン音が目立つのが難点
  3. ライズの最上級「Zグレード」を5年5万km使うとガソリンとハイブリッドの差額の元が取れる

ロッキー&ライズは全3つのエンジンをラインアップ! ハイブリッドはFFだけ

今回の一部改良では自動ブレーキ&運転支援システムのパッケージとなるスマートアシストの性能向上なども行われ、ロッキー&ライズはより多くの人に勧められるコンパクトSUVに進化した。

エンジンラインアップは1.2リッターのNAとハイブリッド、そして1.0リッターターボ(4WD)の3種類が用意される。それぞれFFのみとなる1.2リッターNAとハイブリッドに乗ると「どちらにするか?」はなかなか難しい選択に感じたこともあり、ここではロッキー&ライズを買う際にこの2つで迷った際の選び方を考えてみた。

一部改良前のロッキー&ライズは売れるのがよく分かる優れた商品ながら、クルマの質という面では自動ブレーキの性能の低さやステアリングフィールの不自然さ、乗り心地の悪さといった弱点もあり、「人に積極的に勧められるほどのクルマではなかった」というのが率直な印象だった。

1.2リッターNAは乗り心地が改善! ハイブリッドはエンジン音が目立つのが難点

それが一部改良された1.2リッターNAに乗ると一部改良前の弱点が許容範囲と言えるくらいに改善された。

さらに1.2リッターNAの動力性能も車重が最上級のロッキープレミアムG、ライズZで980kgと軽いこともあり十分と、一部改良による改善に感心した。

という好印象を持ってハイブリッドに乗ると、ハイブリッド化による動力性能と燃費の向上は確かながら、エンジン音が目立つのに加え加速感をはじめとした電動車感はそれほど強くない。また、改善されたステアリングフィールや乗り心地は1.2リッターNAほどは良くないと、一長一短という印象だった。

ライズの最上級「Zグレード」を5年5万km使うとガソリンとハイブリッドの差額の元が取れる

となると、1.2リッターNAとハイブリッドのどちらにするかは迷いどころで、まずライズの最上級グレードとなるZ同士で5年5万kmという長い目で見た出費を考えてみた。

車両価格自体は1.2リッターNA/203万9000円、ハイブリッド/232万8000円とハイブリッドが28万9000円高いが、エコカー減税により2台の差額は約2万4000円縮まるので、実質的な価格差は26万5000円である。

この26万5000円をガソリン代と処分する際の査定額でペイできるかというのがポイントになる。

まず、ガソリン代はレギュラーガソリン1リッターを169円、燃費をカタログに載るWLTCモード燃費の80%と仮定すると、1.2リッターNA16.5km/L、ハイブリッド22.5km/Lとなり、1万kmあたりのガソリン代はそれぞれ約10万2000円と7万1000円と3万1000円ハイブリッドの方が安いので、ガソリン代だけでも9万km走れば元が取れる計算が成り立つ。

5年5万kmで処分するとした場合、残価設定ローンの最終回支払額を参考した査定額は1.2リッターNA/71万3650円、ハイブリッド/81万4800円と約10万1000円縮まるので、5年5万km乗ると26万5000円の差額はおおよそ元が取れるということになる。

ファーストカーならハイブリッド、走行距離が少ないならガソリンが良い

といったことを総合すると、ありきたりな結論ながら乗り味の好みも加味した上でファーストカーとしてそれなりの走行距離を走る人はハイブリッド、セカンドカーとしての使用など走行距離が伸びない人なら1.2リッターNAという方針を基本にするといいだろう。

その際のグレード選びとしてはハイブリッドなら長距離ドライブなどもそれなりにありそうなので先行車追従型のアダプティブクルーズコントロール(以下ACC)なども付く最上級のロッキープレミアムG、ライズZ、街乗り中心と思われる1.2リッターNAならACCなどは付かないが十分な装備が揃う上級のロッキーX、ライズGを選ぶと、それぞれの使用目的がより明確となるだろう。

また、この一部改良で4WDは1リッターターボのみとなった点もロッキー&ライズに設定される3つのパワートレーンのキャラクターをより明確にしているので、いずれにしても人に勧めやすいクルマとなったロッキー&ライズを買うなら、自分の使い方に合ったものを選んで欲しい。

【筆者:永田 恵一】

トヨタ/ライズ
トヨタ ライズカタログを見る
新車価格:
170.7万円232.8万円
中古価格:
158.8万円308.5万円
ダイハツ/ロッキー
ダイハツ ロッキーカタログを見る
新車価格:
166.7万円234.7万円
中古価格:
98.6万円281.8万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 有馬グランドホテル

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ライズの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ライズのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ライズの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ライズの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ライズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる