軽トラベースのキャンピングカー! ベースは新車でも100万円台! 可能性が広がる軽トラ キャンパーに注目【2021年下期に注目したいキャンピングカー】

画像ギャラリーはこちら
気付けば2021年も折り返し地点! 思った以上に長引くコロナ禍の中で注目されるのが“密”を避けたアウトドアレジャー、その中でもオートキャンプや車中泊は注目すべきキーワードだろう。

中でも今回は、2021年下期に注目したいキャンピングカー「軽トラック」をチェックしたい。全国津々浦々で愛される軽トラックは、ニッポンの風景に欠かせない乗り物だ。そんな気軽さをもっとアウトドアに活用しようと、キャンピングカービルダーのみならず自動車メーカーも大いに注目している。今回はそんな軽トラベースのキャンパーをご紹介!

>>自由に楽しめる! 軽トラックキャンピングカーを写真で見る[画像36枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 頑張り過ぎてないのがいい! ゆるく気軽にテント旅出来る軽トラ「ハイゼット ジャンボ キャンパーVer.」
  2. ちょっとカスタムするだけでこんなに格好良くなる! 軽カスタムの実例をご紹介
  3. これはもう走るバンガロー! こんな自分だけの部屋が欲しかった! 「バグトラック パネルバン」

頑張り過ぎてないのがいい! ゆるく気軽にテント旅出来る軽トラ「ハイゼット ジャンボ キャンパーVer.」

まずはこのとぼけた表情の軽トラからご紹介。

バーチャルイベントのみの開催となった東京オートサロン2021(2021年1月15日~17日開催)にダイハツがメーカー自ら出展した軽トラベースのカスタムコンセプトカー「ハイゼット ジャンボ キャンパーVer.」だ。

端的に言うとこちらは、軽トラック「ハイゼット ジャンボ」の荷台をテントにしてしまったというもの。いつもの軽トラに乗って、気ままにパッと出かけてパッと泊まれるのがいい。これこそが、軽トラキャンパーをおすすめしたい最大の理由なのだ。

レトロでカワイイフロントマスク、シンプル過ぎる荷台(=寝床)と、人気アウトドアコミック「ゆるキャン△」の世界観とも通じるゆるかわ系で、女子キャンパーにもよく似合いそう。

ちなみに車内に設置された取り外し可能なカーオーディオは、モバイルバッテリーにもなる優れもの。これだけでも市販化して欲しいくらいの逸品だ!

ちょっとカスタムするだけでこんなに格好良くなる! 軽カスタムの実例をご紹介

軽トラと聞くと、農道や漁港で黙々と働くクルマのイメージだが、ちょっとカスタムしてあげるだけでこんなに格好良くなる! という例をご紹介。ひとつめは、2017年、エフクラス(兵庫県丹波篠山市)が立ちあげた軽トラック向けブランド「ハードカーゴ」。

これ自体はキャンピングカー向けアイテムではないが、軽トラをもっと楽しむには、知っておいて損がないブランドなのだ。

実用性重視の軽トラに格好良さを加えたもので、荷台のキャリアやキャリアカバー、ルーフラック、サイドオーニングなど、仕事のみならずアウトドアレジャーでも活躍しそうなアイテムが揃う。

軽トラの新しい遊び方を教えてくれた「かるキャン NUGGET(ナゲット)」に注目

続いては、ジャパンキャンピングカーショー2021(2021年4月2日~4月4日開催)会場に出展されていた「かるキャン NUGGET(ナゲット)」。荷台に扉付きの多彩な収納やシンクを仕込み、ルーフにはテントを備えるという、自由な発想で造られた1台は見るからに楽しそうな雰囲気がある。

旧型のスズキ キャリイトラックがベースだが、フロントにはフォード K-150ラプター風のマスクが備わり、一気にやんちゃな雰囲気に変化している。こういう遊び方が気軽に出来るのも軽トラの魅力だ。

これはもう走るバンガロー! こんな自分だけの部屋が欲しかった! 「バグトラック パネルバン」

そして最後に紹介する軽トラは、こちらもジャパンキャンピングカーショー2021に出展されていた軽トラのキャンピングカー、「Bug-truck PANEL VAN(バグトラック パネルバン)」[カーファクトリー ターボー(青森県つがる市)]だ。

宅配便などの軽配送などに用いられるダイハツ ハイゼットトラックのパネルバン仕様をベースに、魅力的な一室を荷台に誕生させている。

車内をのぞいてみると、床・壁・屋根とウッドで囲まれた最高の空間が拡がる。これはもう走るバンガローだ!

もともと安い軽トラベースだけに、ベース車で307万509円(消費税込)からと、キャンピングカーとしてはお手頃な価格も嬉しい。週末の隠れ家として、あるいはモバイルオフィスとして、お気に入りの風景と共にのんびりと楽しみたくなる1台だ。

新車でも100万円台から手に入る! 軽トラックでもっと遊ぼう!

軽キャンピングカーといえば、1BOXバンやワゴン車をベースにベッドや調理スペースなどを設置したオールインワンの本格的な造りのモデルが多いが、今回ご紹介した軽トラは、オールインワンでない分、もっと気軽に楽しめそう。言い換えれば、自分好みにいじる余地がある。

ベースの軽トラ自体は、新車でも100万円台で手に入る。安く買って、徐々に自分好みに手を加えていきながら、長く楽しめるはずだ。2021年は軽トラのキャンピングカーに注目して欲しい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]

ダイハツ/ハイゼットトラック
ダイハツ ハイゼットトラックカタログを見る
新車価格:
69.3万円257.9万円
中古価格:
14.7万円392.9万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ダイハツ ハイゼットトラックの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ ハイゼットトラックのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ ハイゼットトラックの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ ハイゼットトラックの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ ハイゼットトラックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる