超カワイイ顔に注目! レトロハイゼットの正体は“使える”キャンピングカーだった

画像ギャラリーはこちら
毎回、アッと驚くカスタムカーを数多く生み出しているダイハツ。東京オートサロン2021にも気合の入ったコンセプトカーを出展予定だったのだが、ご存知の通り中止に。そこで、本来発表されるハズだったクルマたちを4日連続でご紹介! 今回はハイゼット ジャンボ キャンパーVer.。

普段は軽トラ、いざって時にキャンピングカーに変身!?

もし貴方がキャンプをやりたいと思った際、クルマ選びはどうするだろう。多くの方はキャンピングカーなどの専用車を考えがちだ。しかしそこまで思い切れる人は少ない。

そこで東京オートサロン2021にダイハツが出展したのがハイゼット ジャンボ キャンパーVer.だ。幌を上手く使うことで普段使いにもキャンパーにも変えられる特徴を持っているが最大の特徴。

>>懐かしの丸目が復活!? 昔のハイゼットを思わせるライトがコレだ

ダイハツコーポレート本部先行企画グループ主任の工藤真輔氏は、このクルマの使い方として、「目的地に行く途中でビバークし、そこに即席のキャンプ基地を作り、またささっと畳んで“モンゴルのゲル”のような感じで移動する。そのような機動性を、このクルマに付与させたいと考えました。また、遊びの場所で前日待機、そこで寝泊まりして、朝日が昇ると同時に遊び出すような、時間の有効活用をこのクルマでやれたら面白いでしょう。そうすることで遊びの密度を高めたいとも思っています。移動時間や宿泊の時間を極力なくし、遊びの時間をより長く保てるようなことが、このクルマで始める新しい楽しみ方ではないでしょうか」と話す。

>>ハイゼット還暦祝い! 真っ赤なシートがコチラ

変幻自在に“使える”のがキモ

そして、「軽自動車を改造したキャンピングカーは数多くありますが、キャンプでしか使えなくなってしまいます。このクルマであれば、幌を畳めば畑作業や普段のゴミ出しなどにも使えます。こういった軽トラの持つ変幻自在性を専用車のような形で固めたくなかったのです。クルマの機動性、好きなところに行ける随意性、このクルマの変幻自在性など、ユーザーそれぞれの軽トラの使い方、その幅を持たせたまま、こういう楽しみ方はどうでしょうかという提案です」とのことだった。

>>素直にコレ欲しい! 超便利な持ち運び可能なカーオーディオがコレだ

懐かしの丸目ヘッドライトやモバイルバッテリーとしても使えるオーディオなど、今すぐ欲しい装備だらけのハイゼット ジャンボ キャンパーVer.。このままの姿で市販化は難しいかもしれないが、ぜひこのパッケージングのハイゼットを売って欲しいと願うばかりだ。

【筆者:内田 俊一】

ダイハツ/ハイゼットトラック
ダイハツ ハイゼットトラックカタログを見る
新車価格:
69.3万円257.9万円
中古価格:
10.8万円369.3万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
内田 俊一
筆者内田 俊一

1966年生まれ。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を生かしてデザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。また、クラシックカーの分野も得意としている。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 飛騨つづり 朧
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ダイハツ ハイゼットトラックの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ ハイゼットトラックのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ ハイゼットトラックの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ ハイゼットトラックの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ ハイゼットトラックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる