イカツい! あたたかい! かわいい! こんなにも違う軽トラのキャンピングカー3選【ジャパンキャンピングカーショー2021】

画像ギャラリーはこちら
キャンピングカーと聞くと、高価なイメージを抱く人もいるかもしれない。しかし軽キャンピングカーならその費用はグッと抑えることが出来る!

そんな訳で軽キャンパーはその気軽さや、扱いやすいサイズなどから根強い支持を集めている。近年はそのバリエーションも増え、様々な個性派モデルも登場するようになった。

今回はイカツい! あたたかい! かわいい! こんなにも違うのかと驚くこと必至の個性派軽キャンピングカー3選をお届けする!

>>個性派ぞろい! 軽キャンピングカーの世界を写真でもっと見る!

目次[開く][閉じる]
  1. これはもう“走るキャンプ場”! フリースタイルが楽しい「かるキャン NUGGET(ナゲット)」
  2. 走るログハウス! 自分だけの隠れ家「クオッカ」
  3. トミカのミニカーにもなった人気モデル「テントむし」2021年モデルが登場

これはもう“走るキャンプ場”! フリースタイルが楽しい「かるキャン NUGGET(ナゲット)」

キャンピングカーを「移動する家のようだ」と評することがあるが、これはさながら「走るキャンプ場」! 見るからに自由なスタイルで、夢が広がる「かるキャン NUGGET(ナゲット)」[コイズミ]をご紹介しよう。

軽トラックのスズキ キャリイ(旧モデル)をベースに架装したコンプリートカーのかるキャン NUGGETは、ちょっと変わり種のキャンピングカーだ。

扉付きの多彩な収納、シンク、さらにルーフテントを装備することで、好きな場所で自由にキャンプが楽しめる工夫が随所に盛り込まれている。キャンピングカーというと機能の全てを車内に収めた小部屋のイメージだが、かるキャン NUGGETはキャンプ場の炊事場がテントと共に移動してきたようだ。

レジャーだけでなく、災害支援のボランティアにも活躍

メーカーではこれを週末のレジャーだけでなく、災害支援のボランティア活動でも役立つと考えている。

他所からやってきたボランティアが被災者の生活を邪魔することなく、かるキャン NUGGETを用いることで自活した活動を行う手助けとなる、という発想だ。避難所の貴重な食材や資源を使わず、就寝、自炊はもちろんのこと、蓋付の収納庫に自らが出したゴミを入れて持ち帰ることも出来る。

アメリカンなイカツいマスクが格好良過ぎる!

アメリカンなフルサイズピックアップトラックを想わせるイカツいフロントマスクは「ベビトラ K-150」というオプションアイテム。リフトアップやオリジナルヘッドランプユニット等のカスタムと相まって、その迫力はもはや軽トラの域を超えている!

ベビトラ K-150は旧型のスズキ キャリイ(DA63T系)専用パーツで、キット価格は14万8000円となっている。

走るログハウス! 自分だけの隠れ家「クオッカ」

続いてはこちらの軽キャンピングカー。一見すると軽配送のパネルトラックだが、扉を開いてみると・・・

室内はまるでログハウス! ミシマダイハツのオリジナル軽キャンパー「クオッカ」だ。

ミシマダイハツは静岡県三島市を拠点としており、そこからも近い富士山周辺で育った地元産の「富士ひのき」を車内にふんだんに使用した。他社のキャンピングカーとは明らかに異なるインテリアのあたたかな雰囲気が好ましい。

「トランスフォーメーションボックス」と命名された4つの箱とテーブルは自在にアレンジ出来る。車外に出せば、屋外のリビングとしても使用可能だ。その分、アウトドアチェアやテーブルを持参しなくても済むから、積載スペースに限りがある軽キャンパーには嬉しいアイデアである。

そのネーミングは、オーストラリアに生息する“世界一幸せな動物”クオッカワラビーに由来。口角が上がっていて、いつも笑っているような顔をしているクオッカのように、ニコニコと幸せな気分で休日を過ごせそうな1台である。

トミカのミニカーにもなった人気モデル「テントむし」2021年モデルが登場

続いては、軽キャンピングカーブームのけん引役、老舗ブランドの「テントむし」[バンショップミカミ]をご紹介。

初代テントむしの登場は今から15年前の2006年。カラフルな塗分けや乗降ドアの丸い窓、そしてなによりかわいらしいネーミングで、デビューするとすぐに話題となった。

折しも団塊世代が一斉退職を迎えた頃とも重なり、余暇を過ごすアイテムとして軽キャンピングカーの一大ブームを巻き起こすきっかけとなったのだ。

その人気は世代を超え、当時のトミカ製ミニカーにラインナップされるほどメジャーな存在となった。

2021年モデルのテントむしは、ダイハツ ハイゼットトラックがベース。ギャレー(水回り)や冷蔵庫、サブバッテリー走行充電システム、1500Wのインバーターなどは標準装備される。

セカンドシートは写真の横向きタイプのほかに、FASPタイプ(前・後・ベッド展開可能なFASPシート搭載)の2種類から選べるほか、4ナンバー貨物登録で2人定員のトランスポーター仕様も選択出来るなど、ユーザーのニーズに寄り添った多彩な展開は老舗ならではだ。

もちろんオプションも豊富。展示車には100Wのソーラーパネル4枚をルーフに載せ、電源システムも強化されていた。

キャビン部のボディシェルにはアルミ複合断熱パネルを使用し、重量増も最小限に済ませている。

ひとことに「軽キャンピングカー」と言ってもこんなにいろんな世界がある!

今回はジャパンキャンピングカーショー2021会場で見かけた軽キャンピングカーを3台ご紹介した。

2006年登場のテントむしが巻き起こしたブームをきっかけに、10数年で一気に市場が拡がった軽キャンピングカー。近年はますますそのバリエーションも増えている。

まだまだご紹介しきれない軽キャンピングカーの世界は近日第2弾をご紹介予定だから、引き続き楽しみにしていて欲しい!

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:島村 栄二]

スズキ/キャリイ
スズキ キャリイカタログを見る
新車価格:
75.2万円142.4万円
中古価格:
13万円360万円
ダイハツ/ハイゼットトラック
ダイハツ ハイゼットトラックカタログを見る
新車価格:
69.3万円257.9万円
中古価格:
13万円426.1万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ キャリイの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ キャリイのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ キャリイの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ キャリイの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ キャリイのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる