【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「コペン」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業株式会社 デザイン部 チーフデザイナー 和田 広文(1/5)

  • 筆者: 森口 将之
  • カメラマン:オートックワン編集部・ダイハツ工業
【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「コペン」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業株式会社 デザイン部 チーフデザイナー 和田 広文
【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「コペン」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業株式会社 デザイン部 チーフデザイナー 和田 広文(インタビュアー:森口将之) 【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「コペン」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業株式会社 デザイン部 チーフデザイナー 和田 広文(インタビュアー:森口将之) 【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「コペン」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業株式会社 デザイン部 チーフデザイナー 和田 広文(インタビュアー:森口将之) 【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「コペン」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業株式会社 デザイン部 チーフデザイナー 和田 広文(インタビュアー:森口将之) 画像ギャラリーはこちら

初代から大きくカタチを変えた新型コペン、その真意を探る!

ダイハツ 新型 コペン 「DRESS FORMATION(ドレス・フォーメーション)」

約2年のブランクをおいて復活した軽自動車規格のスポーツカー、「ダイハツ コペン」。スティール骨格に樹脂アウターパネルを組み合わせた「D-Frame(ディー・フレーム)」、内外装を着せ替えできる「DRESS FORMATION(ドレス・フォーメーション)」、鎌倉に開設したメーカー直営の情報発信拠点「ローカルベース」など、ハードもソフトも話題豊富な1台だ。

しかも「ローブ」と「Xモデル」の2タイプを基本とするボディは、いずれもお椀を2つ重ねたような旧型とは似ても似つかないフォルムをしている。旧型のあのスタイリングもそれなりに人気があったはずだが・・・。チーフデザイナーの和田広文さんに、まず激変の理由から伺った。

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「コペン」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業株式会社 デザイン部 チーフデザイナー 和田 広文(インタビュアー:森口将之)
「コペン チャレンジ プロジェクト」α(アルファ)案「コペンチャレンジプロジェクト」β(ベータ)案

オートックワン(以下AO):新型コペンは、ドレスフォーメーションを生かして2つの基本ボディを発表しましたが、どちらも旧型とは一変したエクステリアデザインになっています。どのような経緯で方向性を変えることが決まったのでしょうか。

ダイハツ工業株式会社 デザイン部 チーフデザイナー 和田 広文さん(以下W):新型の先行開発はかなり前からスタートしていたのですが、当初は変えるべきか、深化の道を取るべきか迷いました。

ただ10年間で5万8000台の販売だったという事実もありました。それ以上を狙うには、新しい路線にチャレンジしてみる必要があったということで、その路線を探ることにしたのです。

「丸」から「角」への転換

「コペンチャレンジプロジェクト」γ(ガンマ)案

AO:いままでにないデザインプロセスで決めていったそうですが。

W:2011年の初めに、社内の若手デザイナーを集めて「コペンチャレンジプロジェクト」をスタートさせたのです。当時の現行コペンに挑戦しようという気持ちを名前に込めました。だから単なるモデルチェンジではダメだと言っていました。そこから「丸から角への転換」という考えが出てきたのです。アルファ、ベータ、ガンマの3パターンにまとまりました。

ダイハツ コンセプトカー「D-X(ディークロス)」[2011年東京モーターショー出展車]ダイハツ コンセプトカー「D-R」[2012年ジャカルタモーターショー出展]

AO:ボディを2つ用意するというのは大胆な決定だったと思いますが。

W:3つの案の中から、2011年の東京モーターショーにガンマをD-X、ジャカルタショーにアルファをD-Rとして出しました。いずれも好評でした。私がコペンのデザインチームを統括するようになったのは、ちょうどこの頃だったんですが、デザインと並行して、スティール骨格と樹脂外板を組み合わせるDフレームの構想も進んでいました。それなら2つのボディを作ってみようとなったんです。

AO:でもそこから市販化まで2年掛かっているわけですね。

W:プロジェクトは進んだり止まったりしていました。最終的には、やりたいという気持ちが社内の説得の力になり、ゴーサインにつながりました。もちろんその過程で、コストを抑えたりするために、いろいろな工夫を盛り込みました。ローブとXモデルのヘッドランプを共通化したのは、その一例です。

[次ページへ続く]

1 2 3 4 5 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
森口 将之
筆者森口 将之

1962年東京都生まれ。モータージャーナリスト&モビリティジャーナリスト。自動車専門誌の編集部を経て1993年フリーに。各種雑誌、インターネット、ラジオなどのメディアで活動。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。グッドデザイン賞審査委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 今宵天空に遊ぶ しょうげつ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ダイハツ コペンの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ コペンのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ コペンの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ コペンの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ コペンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる