アウディ 新型 A7スポーツバック・S7スポーツバック[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/森口将之(1/3)

アウディ 新型 A7スポーツバック・S7スポーツバック[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/森口将之
アウディ A7スポーツバック(Audi A7 Sportback)[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/森口将之 アウディ S7スポーツバック(Audi S7 Sportback)[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/森口将之 アウディ S7スポーツバック(Audi S7 Sportback)[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/森口将之 アウディ RS7スポーツバック(Audi RS7 Sportback)[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/森口将之 画像ギャラリーはこちら

年間販売台数3万台を超えたアウディの勢いは、まだまだ止まらない!

アウディ RS7スポーツバック(Audi RS7 Sportback)[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/森口将之アウディ A7スポーツバック(Audi A7 Sportback)[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/森口将之

アウディの勢いが止まらない。昨年は日本で初めて新車の登録台数3万台を突破。8年連続で前年超えだという。その勢いを受けて、今年は多くの新型車を投入する予定。ここで紹介する「Audi A7/S7/RS7 Sportback」(スポーツバック)のマイナーチェンジもそのひとつだ。

3車種の基本となるA7 Sportbackは、Eセグメントの4ドアクーペとして2011年に登場。ライバルは「メルセデス・ベンツ CLS」と「BMW 6シリーズグランクーペ」だ。

競合する2台と違うのはハッチバックであること。インポーターによれば、流麗なスタイリングやマルチパーパス性の高さなど、ハッチバックであることを理由に選ぶ人も多いそうで、パーソナル色の濃い車種でありながら、年間平均で800台以上を売ってきた。

A7/S7/RS7 Sportbackのマイナーチェンジで更なる台数上昇を狙う

アウディ S7スポーツバック(Audi S7 Sportback)[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/森口将之アウディ A7スポーツバック(Audi A7 Sportback)[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/森口将之

でも上昇志向の強いアウディのこと、S7スポーツバックやRS7スポーツバックと合わせて今年は1000台を目指し、このカテゴリーでトップに立ちたいという。そのために、いままでは4シーターだったA7スポーツバックを5人乗りに仕立て直すとともに、エントリーグレードとして2リッター 直列4気筒 ターボエンジンを積んだ「A7スポーツバック 2.0TFSI quattro」(クワトロ)を投入した。

1年前、アウディはA7と同クラスのセダン/ワゴン、「Audi A6/A6 Avant」(アバント)に同じ2リッター4気筒を投入している。今回A7にも同様の追加を行ったということは、2リッターのA6が好評なのかもしれない。

最大の魅力は燃費・環境性能だが、2.0TFSI quattroの価格にも注目だ。その数字は716万円と、3リッター V6スーパーチャージドエンジンの「A7スポーツバック 3.0TFSI クワトロ」より200万円以上安い。でも残念ながら発売は8月の予定。ということで今回の試乗は3リッターモデルと4リッターV8ツインターボのS7に限られた。それでも新たな発見はあった。

[アウディの先進性は内外装にも反映・・・次ページへ続く]

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
森口 将之
筆者森口 将之

1962年東京都生まれ。モータージャーナリスト&モビリティジャーナリスト。自動車専門誌の編集部を経て1993年フリーに。各種雑誌、インターネット、ラジオなどのメディアで活動。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。グッドデザイン賞審査委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アウディ A7スポーツバックの最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ A7スポーツバックのカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ A7スポーツバックの中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ A7スポーツバックの記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ A7スポーツバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる