MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ 新型 A7スポーツバック・S7スポーツバック[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/森口将之

試乗レポート 2015/4/28 12:43

アウディ 新型 A7スポーツバック・S7スポーツバック[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/森口将之(1/3)

アウディ 新型 A7スポーツバック・S7スポーツバック[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/森口将之

年間販売台数3万台を超えたアウディの勢いは、まだまだ止まらない!

アウディ RS7スポーツバック(Audi RS7 Sportback)[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/森口将之アウディ A7スポーツバック(Audi A7 Sportback)[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/森口将之

アウディの勢いが止まらない。昨年は日本で初めて新車の登録台数3万台を突破。8年連続で前年超えだという。その勢いを受けて、今年は多くの新型車を投入する予定。ここで紹介する「Audi A7/S7/RS7 Sportback」(スポーツバック)のマイナーチェンジもそのひとつだ。

3車種の基本となるA7 Sportbackは、Eセグメントの4ドアクーペとして2011年に登場。ライバルは「メルセデス・ベンツ CLS」と「BMW 6シリーズグランクーペ」だ。

競合する2台と違うのはハッチバックであること。インポーターによれば、流麗なスタイリングやマルチパーパス性の高さなど、ハッチバックであることを理由に選ぶ人も多いそうで、パーソナル色の濃い車種でありながら、年間平均で800台以上を売ってきた。

A7/S7/RS7 Sportbackのマイナーチェンジで更なる台数上昇を狙う

アウディ S7スポーツバック(Audi S7 Sportback)[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/森口将之アウディ A7スポーツバック(Audi A7 Sportback)[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/森口将之

でも上昇志向の強いアウディのこと、S7スポーツバックやRS7スポーツバックと合わせて今年は1000台を目指し、このカテゴリーでトップに立ちたいという。そのために、いままでは4シーターだったA7スポーツバックを5人乗りに仕立て直すとともに、エントリーグレードとして2リッター 直列4気筒 ターボエンジンを積んだ「A7スポーツバック 2.0TFSI quattro」(クワトロ)を投入した。

1年前、アウディはA7と同クラスのセダン/ワゴン、「Audi A6/A6 Avant」(アバント)に同じ2リッター4気筒を投入している。今回A7にも同様の追加を行ったということは、2リッターのA6が好評なのかもしれない。

最大の魅力は燃費・環境性能だが、2.0TFSI quattroの価格にも注目だ。その数字は716万円と、3リッター V6スーパーチャージドエンジンの「A7スポーツバック 3.0TFSI クワトロ」より200万円以上安い。でも残念ながら発売は8月の予定。ということで今回の試乗は3リッターモデルと4リッターV8ツインターボのS7に限られた。それでも新たな発見はあった。

[アウディの先進性は内外装にも反映・・・次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

アウディ A7スポーツバック の関連編集記事

アウディ A7スポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A7スポーツバック の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR