価格で選ぶだけではモッタイナイほど軽快な走り!Audi A1[1.0 TFSI](1/3)

価格で選ぶだけではモッタイナイほど軽快な走り!Audi A1[1.0 TFSI]
アウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラック アウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラック アウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラック アウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラック 画像ギャラリーはこちら

進化したダウンサイジングターボモデルが続々出てくる中、“真打ち”アウディの登場!

アウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラック

やっぱり今のところ目下ダウンサイジングターボの流行は止まらないのだけど、その質感の向上には目を見張るものがある。

ほんの数年前まではメーカーを問わずに、それぞれがそれぞれのモノ足りなさを抱えていた。で、そのモノ足りなさ感を「ま、しょうがないでしょ、だって燃費いいし」なんていうふうに納得させていたきらいは否めない。アクセルを踏み始めた初期、ボヘ~っと腑抜けた音だけはいっちょまえで、踏んでも踏んでも前に進まない、なんとも情けないスカスカ感を空しく噛み締めなきゃいけないモノもあった。そのくせターボが効き始めるといきなりドッカン!ってなっちゃったりしてね。その辺の制御関係も今思えばエコとパフォーマンスを天秤にかけ、結果エコに花道を譲る、ダウンサイジングターボの黎明期だったんだと思う。

でも安心してください。そんな時代はもう過去のものだ。ここのところダウンサイジングターボもののクオリティーはもう一回言うけど目を見張る進化を見せている。

アウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラック

なにそれバイクにでも積むつもり?みたいな、昭和の女からしたら何回聞いてもビックリするくらいコンパクトな1リッター3気筒ターボエンジンが搭載されたお洒落な輸入モデルが続々と誕生しているのはとても嬉しい。カッコええクルマには乗りたいけど、日頃のお財布の使用頻度にはちょっとウルサい私にとっても見逃せないトピックスなんである。

で、お洒落といえば、の真打ち、アウディの出番だ。

今回、もっとも小さいアウディである『A1』に、もっともちいさい1リッター3気筒エンジンが搭載された。

最廉価版モデルでもアウディらしさはしっかり味わえる

アウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラック

ルックスはほかのA1と変わらない。

既存の1.4リッターターボモデルがマイナーチェンジを受けたタイミングで追加されたのが1リッター3気筒ターボエンジンの「1.0 TFSI」だから、ヘッドライトやLEDのテールランプ、前後バンパーやシングルフレームグリルのデザイン変更に加えて、全長が20mm拡大されたというブラッシュアップのあれこれも当然受けている。A1ならではのキュっと締まった贅肉のないシャープなスタイリングは最も廉価なアウディでもある「1.0 TFSI」においても当然のごとく味わうことが出来るのだ。

ちなみに、アウディらしい堅牢な、ともすれば素っ気ないほどにシンプルなインテリアもアルミ装飾部やハイグロスブラックなどを追加し、さらに質感を増している。

アウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラックアウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラックアウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラックアウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラックアウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラック
アウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラックアウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラックアウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラックアウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラックアウディ A1[1.0TFSI] ボディカラー:ユートピアブルー/インテリアカラー:ブラック
1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アウディ A1の最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ A1のカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ A1の中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ A1の記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ A1のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる