autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 ボルボ 新型V40 新型車速報 -269万円で購入できるプレミアムコンパクト「V40」は、世界初の安全装備を搭載!-

新型車リリース速報 2013/2/19 20:00

ボルボ 新型V40 新型車速報 -269万円で購入できるプレミアムコンパクト「V40」は、世界初の安全装備を搭載!-

ボルボ 新型V40 新型車速報 -269万円で購入できるプレミアムコンパクト「V40」は、世界初の安全装備を搭載!-

ボルボ・カー・ジャパンは、ボルボラインナップにおいて最も小さく、最も燃費が良く、最も安価なプレミアムコンパクトカー「V40」を、2013年2月19日から販売開始した。

新型V40はCセグメントに属する5ドアハッチバックで、ライバルは「BMW 1シリーズ」「メルセデス・ベンツ Aクラス」「アウディ A3」「レクサス CT200h」と実に強豪揃いであるが、これらのライバルを凌駕する魅力を持ち合わせている。

ボルボ 新型V40
ボルボ 新型V40

まずは衝撃の価格からだが、新型V40のラインナップは2グレードで「V40 T4」が269万円、「V40 T4 SE」が309万円。これまでは同社のC30ですら299万円であったので、現在のボルボで最も安く購入できるモデルとなる。

そればかりか、ライバル車と比べても1シリーズが308万円(116i)~、Aクラスは284万円(A180 Blue EFFICIENCY)~、A3は308万円(A3 Sportback 1.4 TFSI)~、レクサス CT200hは356万円と、新型V40が最も安く購入することが出来る。

さらに、新型V40では燃費も「16.2km/L」と良好で、ボルボ史上最良の燃費を達成。ボルボとしては(意外にも)初の「Start/Stop機能」も搭載している。

ボルボ 新型V40ボルボ 新型V40ボルボ 新型V40ボルボ 新型V40ボルボ 新型V40
ボルボ 新型V40

エンジンは1.6リッターGTDI直噴4気筒ターボを搭載し、最高出力は132kW(180ps)最大トルクは240Nm(24.5kgm)を叩き出す。

ボルボ 新型V40
ボルボ・カー・ジャパン マーケティング部ディレクター 若林敬市氏

ボルボでは新型V40を「プレミアム・スポーツコンパクト」と位置付けており、ボルボ・カー・ジャパン マーケティング部ディレクターの若林氏も、実際に新型V40を試乗して、

「本当に驚くほどスポーティです。こんなにスポーティなクルマが、かつてボルボから出ただろうかと。(中略)本当に、V40は現代のスポーツカーといって良い位の、スポーティネスを持ったドライビングプレジャーを提供してくれます」

と、新型V40におけるドライバビリティの高さを語った。

新型V40のドライビングの楽しさについては、すでに掲載済みの九島辰也氏の海外試乗レポート飯田裕子氏の国内試乗レポートもご参考まで。

ボルボ 新型V40
ボルボ 新型V40
ボルボ 新型V40

そして、新型V40では安全性能の高さも特筆できる。それは、世界初となる安全装備が2つ、さらにボルボ初となる安全装備が6つも満載されていることだ。

世界初となる安全装備の一つは「歩行者エアバッグ」。フロントガラスとボンネットの間に歩行者用のエアバッグが搭載されており、歩行者がクルマにフロントから衝突した場合にそのエアバッグが展開。エアバッグがボンネットを持ち上げることで歩行者の衝撃を軽減するとともに、エアバッグがフロントウィンドウの3/1を覆ってくれて、歩行者の頭部なども保護してくれる。

もうひとつの世界初は、50km/hまでの速度域で作動する追突回避のオートブレーキシステム「シティ・セーフティ」。作動がこれまでの30km/hから50km/hへと高められたことで、より多くの状況下で事故を回避することができるようになる。

ボルボ 新型V40ボルボ 新型V40ボルボ 新型V40ボルボ 新型V40ボルボ 新型V40
ボルボ 新型V40ボルボ 新型V40ボルボ 新型V40ボルボ 新型V40ボルボ 新型V40

さらに、ボルボ初となる安全装備は、車線を逸脱しないようにサポートしてくれる「LKA(レーン・キーピング・エイド)」、斜め後方の死角に居るクルマを知らせてくれる「改良型BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」、同じく死角から急接近中の車両を知らせる「LCMA(レーン・チェンジ・マージ・エイド)」、駐車場でバックする際など隣の車両で視界が遮られている状況化で近づくクルマを教えてくれる「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」、運転席の膝を保護する「ニー・エアバッグ」、ステアリング操作をシステムが完全に行ってくれる縦列駐車支援システム「PAP(パーク・アシスト・パイロット)」の6つ。いづれも先進の安全システムで、これらがV40のような価格帯のクルマへ搭載されるあたりがボルボらしい。

V40は、マーケティング部ディレクターの若林氏いわく「本格的にジャーマン・プレミアムブランドとガチンコ(勝負)でいく決意」という言葉通り、Cセグメント市場で“勝ちにいく”クルマとなっているが、一方で同社の確固たる方針である「安全」についても全くぶれることなく仕上げられていた。

ボルボ・カー シニアセーフティエンジニア ステファン・ライバーグ氏

ボルボ・カー・コーポレーションのセーフティエンジニアであるステファン・ライバーグが発表当日に来日し、V40の安全性と同社におけるセーフティの考え方について、以下の様に述べている。

「ボルボ創設者のアッサール・ガブリエルソンとグスタフ・ラーソンは、次の様に述べました。『クルマは人によって運転される。したがって、ボルボの設計の基本は、常に「安全」でなければならない。』よって、ボルボの創業当時からのコアバリューは、常に安全であり続けました。

V40は安全なクルマです。それは、ヨーロピアンNCAPアセスメントプログラムの結果を見れば、一目瞭然です。2012年末にV40はテストを受け、ファミリーカーのなかでは最高の評価を受けました。それと同時にあらゆる乗用車、これまでテストされたクルマのなかで最高記録を更新しました。

V40は2020年に当社のゴール(2020年までに新しいボルボ車が関わる死亡者や重傷者をゼロ)を達成するための大切な一歩です。これら先進の安全技術を説明してきましたが、しかしここで創業者の言葉に戻ります。最終的に“クルマを運転するのは人なのです”」

ボルボ V40 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V40 の関連記事

ボルボ V40の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V40 の関連記事をもっと見る

ボルボ V40 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    774万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円