autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン 新型パサート・パサート ヴァリアント 試乗レポート/九島辰也 3ページ目

試乗レポート 2011/6/8 09:53

フォルクスワーゲン 新型パサート・パサート ヴァリアント 試乗レポート/九島辰也(3/4)

フォルクスワーゲン 新型パサート・パサート ヴァリアント 試乗レポート/九島辰也

東名高速の上りでも、1.4Lとは思えない余裕の走りを見せる

フォルクスワーゲン パサート

1.4リッターTSIシングルチャージャーエンジンは、ゴルフTSIコンフォートラインにも積まれるもので、最高出力は122ps、最大トルクは200Nmを発揮する。

もちろん、これだけだと説得力に欠けるが、では1,250回転から最大トルクの80%を発生すると言ったらどうだろうか。インテークマニホールド内の吸気経路を短縮することで、ターボの反応を極限まで素早くしている結果だ。

で、これを東名高速で実際に試してみた。

しかも場所は裾野ICから御殿場ICまでのダラダラした上り坂。大きなボディに小さなエンジンではキツそうな設定だ。

だが、パサートは冷静そのものだった。何食わぬ顔してスイスイ走る。中間加速はそのままさらにアクセルを踏み込んでもいいし、7速DSGを自在に操ってもいい。クロスレシオのギアをポンポンと2つ落とせば、思い通りの加速を手に入れることができる。

それはワインディングでも同じこと。

パドルシフトの素早い反応に感動しているうちに、いくつものコーナーを駆け抜けられる。フットワークも軽く、ゴルフ並みの機敏さは感動モノだ。

ただ、ステーションワゴンはセダンに比べると少々リアの接地感に欠ける気もしなくない。

まぁ、それだけ大きなスペースが設けられているということにもなるのだろうが、ステーションワゴンの場合、もうひとつ気になることがある。それは、実際に荷物をいっぱい積むとどうなのかということ。ゴルフバッグ4個とオトナ4人で、はたして今回のような走りは出来るのだろうか。

今回、フル乗車&フル積載での試乗テストは出来なかったが、興味は募っていく。

フォルクスワーゲン パサートフォルクスワーゲン パサートフォルクスワーゲン パサート ヴァリアントフォルクスワーゲン パサート ヴァリアントフォルクスワーゲン パサート

フォルクスワーゲン パサート 関連ページ

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン パサート の関連記事

フォルクスワーゲン パサートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン パサート の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン パサート の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円