autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 試乗レポート/岡本幸一郎 3ページ目

試乗レポート 2010/4/9 10:54

フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 試乗レポート/岡本幸一郎(3/3)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン 試乗レポート/岡本幸一郎

エコに特化したトレンドラインか、充実装備のコンフォートラインか

もうひとつ、この新しいエンジンがもたらす恩恵として、軽量であることが挙げられる。1.4リッターシングルチャージ比で24.5kgも軽くなった上、搭載位置がより適正化されたことで、前軸荷重がコンフォートラインより40kgも軽くなっているのだ。

ゴルフ TSIトレンドライン

また、幅がコンフォートラインよりも小さい195/65R15というサイズのタイヤを履くことも手伝ってか、ステアリングも軽く、全体的にクルマの動きが軽快で素直に仕上がっている。

さらに、高めの扁平率により十分な量の空気が確保されており、路面からの入力を上手く吸収している。それでいて高速走行時の安定感はさすがのものがある。

1.2TSIはエントリーモデルとはいえ、「ゴルフに乗ることへの期待」を裏切ることはけっしてないだろう。

ちなみに、試乗車にはコンチネンタルの「コンチエココンタクト3」という銘柄のタイヤが装着されていた。グリップレベルはあまり高くなく、ロードノイズはやや大きめではあるものの、エコタイヤにありがちな当たり面の不快な硬さはなく、好印象だった。

エクステリアでは、アルミホイールやフロントのフォグランプが付かないあたりには、上級モデルと並べると、ちょっと物足りない印象もなくはない。

ゴルフ TSIトレンドライン

インテリアも、上級モデルではシルバーになる部分がブラックのままだったり、デコラティブパネルが控えめなものになったりしている。

また、エアコンはマニュアルで、RNS510のHDDカーナビはオプションでも選ぶことができないことは覚悟しなければならない。

逆に、従来型ではシートに安っぽさがモロに見えたが、楕円の模様を配した生地となった現行型は、素材感はさておき、なかなかカジュアルな感覚で好感を持った。

ゴルフの中で、トレンドラインとコンフォートラインのどちらがコストパフォーマンスに優れるかと訊かれれば、それは価格差のわりに装備の充実ぶりが光るコンフォートラインに軍配を上げたい。

では、トレンドラインの本質は何かというと、ベーシックカーとしてのゴルフの素性を突き詰めたモデルであり、さらには現時点で最新かつ究極的なテクノロジーの投入された、よりエコに特化したモデルといえるだろう。

そうしたトレンドラインの姿に共感するのであれば、むしろどのゴルフよりも大きな満足感を与えてくれるのではないかと思うのである。

ゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドラインゴルフ TSIトレンドライン

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円