autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン 新型ゴルフ 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/4/20 19:00

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ 試乗レポート(2/4)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 竹岡 圭 Photo: 村西一海
フォルクスワーゲン 新型ゴルフ 試乗レポート

新型ゴルフデザイン デ・シルヴァの狙いとは

ヘッドライト

6代目ゴルフのデザインは、水平基調のグリルからヘッドライトへとつながるラインや、高い位置にあるリアコンビランプなど、歴代ゴルフのデザインモチーフを受け継いでいる。またそのモチーフを散りばめることで、これぞゴルフ!という個性をアピールしており、細かいところまで精緻な作り込みがなされているのがポイントだ。

例えばサイドのキャラクターライン。これは生産工程の精度が良くないと、採用できないものだったりする。

ある意味こういったデザインを打ち出してくるということは、それだけ完成度の高いものを作り上げられるという自信の表れでもあるのだ。

また、インテリアのデザインは、基本的には驚くべき変化はない。メーターやエアコン周り等が少々デザイン変更されてはいるものの、基本的なレイアウトはまったく同じだ。逆に極端に変えないのは、歴代ゴルフユーザーが戸惑わないようにとの配慮なのかもしれない。

しかし質感は飛躍的に向上している。飛躍的とはいっても、先代となるゴルフ5にしても、高級国産車並みのピチッとした整合性など、上質感は十分すぎるほどだったが、今回はダッシュパネルなどにシボをあしらった素材を使用することで、さらにひとクラス上というか、クラスレスの質感を醸し出しているのだ。

また装備面も充実している。快適装備は言わずもがな、すでに装着済だが、安全装備面でまたひとクラス上級のものが奢られた。

ニーエアバッグの新規採用で、クラス水準を上回る9つのエアバッグが全車に標準装備されているのだ。新ユーロNCAPで5スターを獲得したというその実力は、また新たなコンパクトカーのフラッグシップ足りえるのに十二分と言える。

さて、この水平基調のラインを使ったフェイスは、当分の間新しいVWのアイデンティティになるとのこと。もしかしたら、従来のサイクルに比べて少々前倒しのゴルフ6の発表は、このデザインをお披露目するためだったのかも・・・なんていう気がしなくもない。

フロントスタイリングフロントシートシフトシートアレンジ1エンブレム

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円