autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【新旧比較】「トヨタ ヴォクシー&ノア」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 3ページ目

特別企画 2014/4/8 20:26

【新旧比較】「トヨタ ヴォクシー&ノア」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(3/4)

【新旧比較】「トヨタ ヴォクシー&ノア」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

乗り心地

トヨタ 新型ノアトヨタ 旧型ノアトヨタ 新型ノアトヨタ 旧型ノア

ボディ剛性が向上したことで、旧型に比べて乗り心地も良くなっている。

ただし、居住性や走行安定性に比べると、進化の度合いは小さい。新型は燃費性能を向上させる必要があり、転がり抵抗の小さなタイヤを装着した。ミニバンは価格競争が激しいために足まわりのコスト低減も迫られ、乗り心地にはやや硬さを感じる。

新型の進化度数:3点/10点 (比べてようやく気付くレベル)

快適&安全装備

トヨタ 新型ノアトヨタ 新型ノア

旧型は横滑り防止装置とサイド&カーテンエアバッグがオプション設定だったが、新型では横滑り防止装置は標準装着された。

ただし、サイド&カーテンエアバッグは依然としてオプションだ。

また、ほかの車種で普及の進んだ自動ブレーキを伴う衝突回避の支援機能は、目下のところ開発途上の段階だから装着できない。

セレナは時速80km以下で作動する衝突回避の支援機能を設け、ステップワゴンも2014年中に行うフルモデルチェンジで装着するだろう。ヴォクシー&ノアの開発も急務になった。

快適装備もLEDヘッドランプなどを加えたが、旧型に設定のあった電動開閉式のリアゲートは、新型では削られている。

新型の進化度数:3点/10点 (比べてようやく気付くレベル)

燃費性能

トヨタ 旧型ノア

旧型にはアイドリングストップなどが装着されず、JC08モード燃費は13.6km/Lであった。それが新型になるとノーマルエンジンにもアイドリングストップが備わって16km/Lになる。同じガソリンの量で、新型であれば16%ほど走行距離を伸ばすことが可能だ。

さらにハイブリッドになれば、JC08モード燃費は23.8km/L。スライドドアを備えた背の高いミニバンでは、燃費性能が最も優れている。

ノーマルエンジンの場合

新型の進化度数:6点/10点 (順当に進化した)

ハイブリッドの場合

新型の進化度数:10点/10点 (超絶的に進化した)

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

トヨタ ノア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22