autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ G'sノア ヴォクシー 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/8/12 19:28

トヨタ G'sノア ヴォクシー 試乗レポート(2/4)

関連: トヨタ ノア , トヨタ ヴォクシー Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
トヨタ G'sノア ヴォクシー 試乗レポート

走りの「一体感」はミニバンとしてかつてない仕上がり!

トヨタG'sノア
トヨタG'sノアトヨタG'sノア

G’sには2グレードがあり、31万5000円高の「G’s(※以下ではエッジでないほうをG’sと表記)」と、その上に63万円高の「G’sバージョンエッジ(以下エッジ)」がラインアップする。

エッジは、G’sではオプションとなる18インチタイヤ/ホイールが標準装備となり、フロア下に強化ブレーバースやハイパフォーマンスダンパー、空気を整流するスパッツなどが付く。また、サスペンションについては、同じレートの強化スプリングが両グレードに与えられているが、ダンパーのチューニングはそれぞれで異なる。

それも単にバージョンエッジのほうを固めているわけではなく、ボディ剛性や狙った乗り味に即した「最適」なチューニングを行なっている。たとえば、ボディ剛性はエッジのほうが高いので、G’sより大きく動きが出るであろうリアについて、圧側の減衰力は同程度としているが、伸び側の減衰力についてはG’sのほうが高めにされているのだ。

なお、いずれもエンジンやCVTなどパワートレインついてはベース車から変更はない。 まず本命のエッジからドライブすると、ベース車よりも圧倒的に操舵感がクイックになっていることに驚いた。クイックというと、ステアリングを切ったらパッと曲がることをイメージするかもしれないが、それとはちょっとニュアンスが違う。

ステアリングレシオがクイックになっているわけではなく、ステアリング操作に対する「応答性」がクイックになっているという意味だ。 ステアリングを切ると、レスポンスよくノーズが向きを変え、ボディがねじれてついてこない感覚もなく、そのままキレイに前後タイヤが狙ったラインをトレースしていくのだ。

この走りの「一体感」は、ハイルーフミニバンとしてはかつて体験したことのないレベルである。

トヨタ ノア 関連ページ

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ノア の関連記事

トヨタ ノアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ノア の関連記事をもっと見る

トヨタ ノア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24