【誕生秘話/トヨタ ノア】トヨタ タウンエースノアが今のミニバンにつながるスタイリングとなった意外な理由とは?

画像ギャラリーはこちら
ショートノーズに大型のキャビンといえば、ミニバンの代表的なスタイル。トヨタではタウンエースノアから採用された形だが、見た目だけでデザインされたわけではない。この形状にせざるを得なかったという、タウンエースノアの誕生秘話を紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. 短いボンネットは衝突時の安全性向上を目指して生まれた形
  2. ファミリー層向けミニバンに必要不可欠な要素を備えていた
  3. トヨタ ノア/ヴォクシーの礎を築いた功労者

短いボンネットは衝突時の安全性向上を目指して生まれた形

トヨタ タウンエースノアは、ミニバンブーム直前の1996年に登場。前身となるタウンエースをフルモデルチェンジする際に、サブネームとしてワゴンモデル、いわゆるミニバンにノアの名称が付加された。

タウンエースからの大きな変更点は、フロント部のデザイン。それまで多人数乗車の1BOXタイプ(キャブオーバー)では、車体の最前部に乗員が位置することになるため、衝突時の安全性が問題視されていた。

そこでトヨタの出した答えが、現在も多くのミニバンで採用されている短いボンネット(衝撃を吸収するクラッシャブルゾーン)を持ったデザインだ。この形状変更に伴って、前輪軸とエンジンは運転席の床下から前方へ移動し、現在では主流であるミニバンの形状となった。

ファミリー層向けミニバンに必要不可欠な要素を備えていた

タウンエースノアはエンジンを前方に移動したことに伴って、ミニバンとして大幅な進化を遂げることとなる。

低床化によりゆとりのある車内スペースを確保し、低重心化によって安全性と走行性能が向上。その結果、運転が楽になり乗り降りもしやすいという、現在ではファミリー層をターゲットにしたミニバンにとって、必要不可欠な要素を備えることになったのだ。

2列目にキャプテンシートと呼ばれる左右独立した1人用のシートを備えたグレードでは、運転席から3列目までのウォークスルーを実現。また、回転させることで対面式になる2列目シート、1~3列目をオールフラットにできるなど、多彩なシートアレンジも魅力的だった。

そして、立体感のあるフロントバンパーやマルチリフレクター式ヘッドライトなどを採用し、端正かつそれまでなかった斬新なエクステリアは、多くのファミリー層から注目を集めた。

トヨタ ノア/ヴォクシーの礎を築いた功労者

一時代を築くかに思えたタウンエースノアだが、1代限り5年で販売を終えてしまう。その理由は、ミニバンブームで他社が攻勢を強めるなか、ミニバンとしての立ち位置をより明確にした初代ノア/ヴォクシーの販売を前倒したためだ。

ノアとヴォクシーは、モデルチェンジを繰り返しながら現在まで続く5ナンバーサイズミニバンの代表する車種にまで成長(2022年のモデルチェンジで3ナンバー化)。技術革新によって走行性能や燃費性能は高められ、先進の安全装備も代を追うごとに進化し充実している。

タウンエースノアからくらべれば当然大幅な進化だが、上質な内外装と機能性を追求した基本コンセプトは、25年以上前に登場したタウンエースノアですでに形になっていたのだ。

[筆者:増田 真吾/撮影:TOYOTA]

トヨタ/ノア
トヨタ ノアカタログを見る
新車価格:
267万円389万円
中古価格:
21.9万円563.2万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

増田 真吾
筆者増田 真吾

和太鼓とROCKを愛する自動車ライター。国産車ディーラー、車検工場でおよそ15年自動車整備士として勤務したのち、大手中古車販売店の本部業務を経験。その後、急転直下で独立しフリーの自動車ライターに転身。国家資格整備士と自動車検査員資格を保有し、レースから整備、車検、中古車、そしてメカニカルな分野まで幅広い知見を持つ。昔の彼女が付けた肩書は「熱血太鼓車バカ」。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 妙見石原荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ノアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ノアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ノアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ノアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ノアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる