autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エンタメ 愛車紹介 廣田友和選手/今井優杏の「あなたの愛車教えて下さい!」

レーサー愛車紹介 2010/5/25 19:44

廣田友和選手/今井優杏の「あなたの愛車教えて下さい!」(1/2)

関連: トヨタ クラウンアスリート Text: 今井 優杏 Photo: 今井優杏
廣田友和選手/今井優杏の「あなたの愛車教えて下さい!」

D1で活躍中の廣田選手の愛車は「ゼロクラウン」!

今回のゲストはD1界から、廣田友和選手!

廣田選手と言えばD1でも異色のマシン、ヴェロッサでの参戦が記憶に鮮烈ですが、2010年からレクサスGSに乗り換え、引き続きD1に参戦中です。

そんな廣田選手の愛車は車高調・ホイール・純正リップにマークレビンソンのサウンドシステムを備えた、ちょっとやんちゃなゼロクラウン!その魅力を語って頂きました。

廣田友和選手と愛車のクラウンアスリート

―ゼロクラウンを選ばれた理由を教えて下さい。

トヨタが好きなんです。

―シンプル!たとえばどんなところが好きなんですか?具体的にお願いします

そうですね、まずひとつひとつ、車種別にしっかりと作りこんでいるところが好きです。たとえばウインカーやボタンひとつとっても、他のメーカーにはよく見られる『部品を他の車種と共有する』という“節約”が少ない。それが仕上がりの高級感にモロに繋がっていますよね。専用設計できちんと車種への作りこみがされてる印象です。それに、単純にインテリア、特にインパネやダッシュボードまわりがかっこいいでしょ。

―まず見た目が気に入った、ということですよね。

はい、クラウンはゼロクラウンからカッコよくなりましたよね。それまではクラウンってもっとオッサンくさいイメージがあったのに、若くなってスポーティになったし。それにゼロクラウンは前期型と後期型で顔が全然違うんですけど、後期型はさらにカッコイイんですよ!

―もちろんコレは後期型ですよね。廣田選手にはどの部分が響きましたか?

バンパー形状ですね。マイナーチェンジ前にはフィンとフォルムが一体型になっていたんですが、後期型はサイドポンツーンとセンターが分かれて、さらにスポーティになったんです。だいたい純正でこんなにカッコイイのなんてそんなにないですよ。

―確かに、若々しくなったのはそういう処理の恩恵でもありますね。では運転面ではどうでしょう?

運転面というか、“細かいところまでちゃんと考えてるな”と思った箇所はありますよ!というのも、このゼロクラウン、一回バラしてみたんです。

―中身のハナシですか!どこに驚いたんでしょう。

ブレーキです。ディスクカバーの裏側には隙間があるんですが、そこにダクトが通っていて、きちんと風を送ってディスクを冷やすように設計されてる。オオ、と思いました。安いクルマはそんな風にはなってないですから。あとはちゃんと下周りもフラットなところとか、市販車でありながら競技車両みたいな気遣いで作られてるなと感じました。

下周りがフラットだと、燃費やハンドリングはもちろん、音にも関わってきますから、こういった箇所の気遣いは高級車ならではですよね。高級車と言えば、今年からD1の車両をこれまでのヴェロッサからレクサスGS350に変えたんですけど、GSはやっぱり凄いです。

廣田友和選手と愛車のクラウンアスリート

―違い、感じましたか。

うん、全然違う。ヴェロッサと比べて、ドリフトしてて怖くないんですよ。この前オートポリスで走って実感しました。体感スピードが速くなくて、「あんまりスピードが出てないな」と思っても数字見たらメチャ出ててビックリしました。

―その理由はなんでしょう?

ボディの補強、とかいろいろ言えますけど、ハッキリ言って車格の違いでしょう。

―そんな、身もフタもない・・・(笑)

いや、そりゃそうですよ!だって軽自動車での100km/hとクラウンでの100km/hじゃ安定感が全然違うでしょ?そういうことです。

―なるほど。でもレクサスでドリフトなんて、リッチな感じ!

トヨタ クラウンアスリート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ クラウンアスリート の関連記事

トヨタ クラウンアスリートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンアスリート の関連記事をもっと見る

トヨタ クラウンアスリート の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24