autoc-one.jp 記事・レポート 日本版コンシューマレポート 日本版コンシューマレポート-スズキ 新型スイフト ユーザー試乗レビュー- 4ページ目

コンシューマレポート 2010/11/28 10:46

日本版コンシューマレポート-スズキ 新型スイフト ユーザー試乗レビュー-(4/6)

日本版コンシューマレポート-スズキ 新型スイフト ユーザー試乗レビュー-

新型スイフトのユーザー評価・レビュー/ドライビング

新型「スイフト」の「走りが凄い!」。そうした筆者の思い、ユーザーも同じだった。

「視界が良く、運転が楽だった」が全年代で75.8%、「キビキビ走る感じがした」同45.5%、と「走りの評価」が高い。「実物より大きなクルマに乗っている感じがした」「実物より小さいクルマに乗っている感じがした」という「広さ感に対する印象」より、「走りの印象」が勝っている。

さらに「車内がとても静かだった」が全年代で48.5%と、「上質な走り」を評価してくれた。

では、筆者の神奈川県箱根山中での試乗感想を以下に記したい。試乗直後、出迎えてくれたスズキ広報関係者に、筆者はこう伝えた。

「とんでもないモノ、作っちゃいましたね!」

その後、テーブルに座り、コーヒーで高まる気持ちを整理してから、筆者は竹内さんにこう言った。

「とても分かり易い商品だと思います」

「低速度で少し走っただけで、よく曲がるな、軽いな、楽だな、と感じますね」

「これなら、一般の方がディーラーで5分、10分走るだけでも、しかもハイスピードで走るわけではないですが、こうした違いを十分に分かってくれると思いますよ」

「とにかく軽い。軽々しいのではない。密度は濃いのに、軽い」

「(ある程度のスピードでコーナーを曲がると)『気持悪いくらい』よく曲がりますね。曲がっても曲がっても、まだまだ曲がっていく。可変ギアレシオステアリング(新型から採用)は、切り込み時のクイックさが確かにありますが、クイック過ぎない。それよりも、さらに切り込んでいった時、サスペンションとシャーシのバランスで、どんどん曲がっていく」

「サスが単純に硬くて、曲がっていく感じではない。路面からの突き上げ感も少なく、しかもロール量も大きくなく、それでもドンドン曲がっていく。初代スイフトより走りのレベルが数段上ですね」

さらに、筆者はこうも言った。

「日本国内の他のコンパクトカーと比較すると、目指す方向性が明らかに違いますね?」

それに対して竹内さんは、明快な答えをしてくれた。

「はい。スイフトのライバルは、プジョー、ルノー、ミニ、欧州フォードなどヨーロッパ勢ですから」

さらに続けて、

「世界戦略としてスズキのコンパクトカーを見た場合(日本では未発売、インド生産の)『Aスター/欧州名アルト』が、燃費重視や価格重視の面でベーシックなコンパクトカー市場を担います。新型「スイフト」は、さらにその上を狙っています。新型『スイフト』の狙いは、クルマを所有する楽しさです。そのなかで重要視したのが、初代で培ったハンドリングの良さのさらなる追求です」

新型「スイフト」の命は「走り」だ。「走りありき」で、燃費、デザイン、居住性のバランスを狙ったのだ。

「フィット」じゃ安全パイだ、「ヴィッツ」じゃ普通だ、「マーチ」じゃ物足りない、「デミオ」は趣味じゃない。そうした「脱日本コンパクトカー」をお望みの場合、新型「スイフト」がお勧めだ。

スズキ スイフト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ スイフト の関連記事

スズキ スイフトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ スイフト の関連記事をもっと見る

スズキ スイフト の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25