autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ 新型 スペーシアカスタム 試乗レポート/今井優杏 2ページ目

試乗レポート 2013/6/24 12:04

スズキ 新型 スペーシアカスタム 試乗レポート/今井優杏(2/3)

関連: スズキ スペーシア Text: 今井 優杏 Photo: オートックワン編集部
スズキ 新型 スペーシアカスタム 試乗レポート/今井優杏

ディスチャージヘッドランプは標準装備

スズキ 新型 スペーシアカスタム「TS」試乗レポート/今井優杏 4

しかし、さすが追加モデルだけあって、純正装備品の充実がなされているのも特徴だ。

スペーシアではメーカーオプションだったディスチャージヘッドランプやマルチリフレクターヘッドランプが、スペーシアカスタムでは全グレードで標準装備。また、大好評を得たというより、もはやトールボーイタイプの軽自動車ではコレが有ると無いじゃ競合との戦闘力に大きな差がついてしまうであろうという必須装備・パワースライドドアだが、スペーシアでは片側のみで、両側スライドドアはメーカーオプション(※カスタム投入に伴う今回の一部改良で、新たに設定開始された)なのが、スペーシアカスタムでは、最上級グレードの「スペーシアカスタムTS」では標準装備となっている。

スズキ 新型 スペーシアカスタム「TS」[2WD] 荷室・後席と助手席を前倒することで、長尺モノを収納も可能となっている。スズキ 新型 スペーシアカスタム「TS」[2WD] インテリア・リアシートスズキ 新型 スペーシアカスタム「TS」[2WD] インテリア・フロントシートスズキ 新型 スペーシアカスタム「TS」[2WD] インテリア・インパネ周りスズキ 新型 スペーシアカスタム「TS」[2WD] メーター周り

運転感覚は非常に上質

スズキ 新型 スペーシアカスタム「TS」試乗レポート/今井優杏 6

その15インチタイヤだが、もともとスペーシア自体の運動性能・走行性能が非常に高いだけに、バタつくことなく運転感は非常に上質だ。

特にターボ装着モデルは、ノーマルモデルのターボ車(14インチ)に比べ、15インチモデルの方が挙動に安定感が出てハンドリングもしっとりしているように感じる。それも単にインチアップをした当然の挙動というのに加え、モデル開発に当たり、当初から15インチタイヤ装着車をベンチマークにクルマ作りがなされたからだと言う。

スズキ 新型 スペーシアカスタム「TS」[2WD/ボディカラー:クールカーキパールメタリック] 165/55R15タイヤ+15インチアルミホイール

それはなにも15インチが爆裂に売れると見込んだというわけではなく、単に一番インチサイズが大きいタイヤのほうがセッティングが難しいから、という設計的な要因によるからなのだが、それでも照準定めて作られている“キマリ感・ハマり感”は他のタイヤよりもキラッと光る。

ただ、これは15インチだけに限らず全タイヤサイズに言えるのだが、CMでもガン推ししている“エネチャージ”含め低燃費を最大にアピールしているモデルだけあって、もちろんエコタイヤを装着し、指定空気圧も高めになっている分、やや路面からのインフォメーションやノイズを拾いやすい。路面が荒れているエリア、特に除雪材やタイヤチェーンを使う地方でこのクルマを使いたい人には気になるポイントになってくるだろう。

[次ページへ続く]

スズキ スペーシア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ スペーシア の関連記事

スズキ スペーシアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ スペーシア の関連記事をもっと見る

スズキ スペーシア の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20