autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート あの硬派なスポーツセダンが上質なインテリアを纏った!“500台限定”スバル WRX特別仕様車「スポルヴィータ」へ試乗 3ページ目

試乗レポート 2016/01/01 18:12

あの硬派なスポーツセダンが上質なインテリアを纏った!“500台限定”スバル WRX特別仕様車「スポルヴィータ」へ試乗(3/3)

関連: スバル WRX Text: 山本 シンヤ Photo: 阿部昌也
あの硬派なスポーツセダンが上質なインテリアを纏った!“500台限定”スバル WRX特別仕様車「スポルヴィータ」へ試乗

シートに座った感触は「ベース車よりも柔らか」

スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)

エクステリアもインテリアに合わせて変更が行なわれており、LEDヘッドランプやアルミホイール、ウィンドウモール、サイドガーニッシュ、トランクガーニッシュを金属調シルバーに変更。ボディカラーはスポルヴィータ専用色となる「ラピスブルーパール」を含めて計5色を用意している。

メカニズムに関しては2.0GT-Sアイサイト+専用ビルシュタイン&245/40R18タイヤ仕様と全く同じで、ベース車ではオプション設定のアドバンスドセイフティパッケージは標準装備となっている。価格は同仕様のベース車+21万6000高の390万9600円。販売台数は限定500台となっている。

スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)

ちなみに、スポルヴィータは内外装が専用仕立てなので、走りに関してはベース車と基本的には同じである。

ただ、シートに座った感触は「ノーマルよりも柔らか」であった。

日本車の革シートの多くは“張り”があるので路面からのショックの吸収性が若干劣る傾向だが、革の特性による違いなのか?それとも縫製の技術による違いなのか?ベース車よりもフィット感が高い感じがする。

ただ、個人的にはヘッドレストの「WRX S4」のロゴは逆に安っぽさを生んでしまっているのが残念である(汗)。

更にせっかくここまで拘ったのであれば、ディーラーオプションのナビゲーションではなく、フォレスターやレガシィにも採用済みの「ハーマンカードンサウンドシステム」などを装着してもよかったと思うのだが。北米仕様にはすでに設定されているわけだし…。

専用ビルシュタイン&245/40R18タイヤで、走りの質感は、「これはこれでアリ!」

スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)

走りに関しては、個人的にはスポルヴィータのキャラクターには「専用ビルシュタイン&245/40R18タイヤ仕様」ではなく、標準の225/45R18サイズの組み合わせのほうがふさわしいと思っていたのだが、実際に乗って見ると toc-one.jp/subarita(スポsーには「専srccar/div>

走りに関しては、個人的にはスポルsrccarタのキャラクタsーには「専srccar/div>

走ン&245/40R18-image.autoc-one.jp/images/2514532/026_o.jpg"alt="スバル WRX S4 SporVわせest4 Steふさわしいと思っていたのし穼スラ無arf)て見ると toc-one.jp/subarita(スポーには「専used/st="ch/madiv>

mo走りに関しては、個人的にはスポルusedタのキャラクターには「専used/st="ch/madiv>

mo走ン&245/40R18-image.autoc-one.jp/images/2514532/026_o.jpg"alt="スバル WRX S4 SporVわせラondhandふさわしいと思っていたの中古し検索無arf)て見ると toc-one.jp/subaru/wrx/report-25ュ、トelitp:age.autoc-one.jp/subarita(スポーcsg"alt="スバiv cla用rs/1035071さわしい targe思_blaヤSporVitか〪全ぬス車よ(53)WRX S4 SporVita(タ)"> googletag.cmd.push(funン() { googletag.display('-gpt-ad-1384761227-5 } arfcriptrVita(

日rc=よシid="-gpt-ad-1384761227-6v-ima