スバル レガシィツーリングワゴン  &  レガシィB4  &  レガシィアウトバック アウトバック/SUV感覚のスポーティモデル

記事・レポート 新車情報 新車グレード比較 アウトバック/SUV感覚のスポーティモデル

スバル レガシィ グレード比較 (4/4)

この記事に登場する車: スバル レガシィツーリングワゴン | スバル レガシィB4 | スバル レガシィアウトバック

Text :
Photo:
富士重工業株式会社
アウトバック/SUV感覚のスポーティモデル

アウトバック/SUV感覚のスポーティモデル

SUV感覚の外観と高めの最低地上高により、高い悪路走破性を備えているのが「レガシィ アウトバック」。レガシィグランドワゴンやランカスターなど、アウトバックのルーツとなるモデルは古くからレガシィに設定されてきた。

アウトバックに搭載されるエンジンは、「2.5リッター水平対向 自然吸気SOHCエンジン」と「3.5リッター水平対向6気筒 自然吸気DOHCエンジン」の2機種。ターボ仕様のエンジンは設定されていない。

アウトバックのグレードは「2.5i」「2.5i Lパッケージ」「2.5iアイサイト」「3.6R アイサイト」の4グレードだ。

ツーリングワゴンとのベースグレードで価格を比較するとアウトバックは31万5,000円高く、B4に対しては47万2,500円も高くなる。

ボディの違いと装備の違いによってこの価格差が生じているが、価格が高めなこととボディの全幅が大きすぎることなどから、アウトバックは日本ではあまり売れていない。

2.5i/価格訴求のベースグレード

ツーリングワゴンやB4と同様にアウトバックのベースグレードも「2.5i」で、これも据え置きにした価格を訴求するグレード。ほかのベースグレードと同じく装備の満足度は低いので、選択の対象から外しても良い。

2.5GTと同じように「HIDプロジェクターロービームランプ」「キーレスアクセス&プッシュスタート」「クリアビューパック」「濃色ガラス」「オールウェザーパック」などをオプション装着することは可能だが、価格はLパッケージに近くなってしまうので、選択する意味は薄いだろう。

2.5i Lパッケージ/ラグジュアリーな快適装備を満載

ラグジュアリーな快適装備を満載したグレードがアウトバックの「2.5i Lパッケージ」。

主要装備である「HIDプロジェクターロービームランプ」「運転席&助手席パワーシート」「キーレスアクセス&プッシュスタート」「クリアビューパック」「濃色ガラス」「オールウェザーパック」「SRSサイド&カーテンエアバッグ」「オートライト&オートワイパー」などが標準で用意