autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサ WRX STI 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/7/15 18:05

スバル インプレッサ WRX STI 試乗レポート(3/4)

スバル インプレッサ WRX STI 試乗レポート

スバルらしい“匠”のワザを感じさせる造り

インプレッサWRX STI A-Line 5ドア

見た瞬間に「おや?なんかどっしりとしてカッコイイ」と思った方も多いのでは?

実は、4ドア・5ドア共に車高が5mm下げられている。車高が低くなったということはロールセンターは5mmよりもさらに下がり、ロールモーメントが大きくなる。つまり、タイヤを押し付ける力が増大する。そのままではロールが大きくなるからスプリングとスタビでバネ剛性を約30%上げているのだ。

また、5mm下がったことでバンプ(縮み)側のサスペンションストロークも5mm減少するところだが、ストローク的に厳しいフロントのスプリングの形状を変え、フルバンプしたときにスプリングが折り重なるようにして5mmストロークを増やし、差し引きゼロにしているのだ。

このあたり、スバルらしい匠のワザを感じさせる。

インプレッサWRX STI 4ドア

そして、ショックアブソーバーの減衰力も変更している。バンプ(縮み)側を弱くして、リバンプ(伸び)側を強くしている。しかし、これは乗り心地をカバーするための処置ではない。あくまでもSTIモデルは走りに特化することを目指していて、テストの結果を見ての変更なのだ。

また、フロントサスペンションのロアアーム後ろ側の車体との接続点にピロボールブッシュを新採用している。このフロントロアアームはアルミ鍛造製。つまり、軽量かつ剛性が高い。

また、ピロボールはレース用車両などのサスペンションに使われるパーツで、ゴムブッシュマウントのように遊びが極めて少ないからダイレクト感が増す。デメリットは振動や騒音が入りやすくなることだ。

さらに、サスペンションとボディを繋ぐポイントに使用されている前後のブッシュ類も形状と強度を変え、横方向や前後方向からの入力に対して剛性をアップしている。Aラインも6速MTモデルに準じた変更となっているが、サスペンション剛性はよりコンフォートな方向へと落とされている。

スバル インプレッサSTI 関連ページ

スバル インプレッサハッチバックSTI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサSTI の関連記事

スバル インプレッサSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22