autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル フォレスター 新世代ボクサーエンジン搭載車 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/11/26 15:01

スバル フォレスター 新世代ボクサーエンジン搭載車 試乗レポート(3/3)

関連: スバル フォレスター Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
スバル フォレスター 新世代ボクサーエンジン搭載車 試乗レポート

スポーツカー顔負けのハイパフォーマンスを誇るSエディション

また今回、サスペンションにも手が加えられ、ダンパーの減衰力の最適化や、リアのサブフレームを留めているブッシュの特性が最適化されるなどした。

もともとフォレスターの乗り味は悪くないと感じていたところ、今回さらによくなった。低速で突起を乗り越した際のフロア振動がより緩和されるとともに、より振動がスッと即座に収まる印象になった。

持ち前の、重心が低くSUVの弱点を感じさせない軽快な操縦感覚はもとより、今回さらに乗り心地と操安性が向上し、安心感はさらに高いものとなった。

スバル フォレスター Sエディションスバル フォレスター Sエディション

一方、インプレッサWRX STI Aラインゆずりの2.5リッターターボエンジンが与えられたSエディションという新グレードは、かなりの実力の持ち主だ。

Aラインよりも若干デチューンされたエンジンは、2.0XTの2リッターターボよりも圧倒的にパワフル。

0-100km/h加速は6.5秒というスポーツカーも顔負けのハイパフォーマンスを誇る。ATも、2リッターターボの2.0XTが4速であるのに対し、S-EDITIONでは5速になるところもポイントだ。ベースの性能が高いので、SI-DRIVEの3段階もメリハリがついて感じられる。

専用にチューニングされた足まわりも、適度に引き締められた印象で、快適性を維持しつつも、より姿勢変化が小さく抑えられていて、走っていてとても楽しい。このパフォーマンスを持ちながら、312万9,000円という2.0XTの約40万円高に抑えられた価格も魅力だろう。

スバル フォレスター Sエディション
スバル フォレスター Sエディションスバル フォレスター Sエディション

エクステリアについては、今回のマイナーチェンジで、フロントグリルやアルミホイールのデザイン、リアスポイラー形状などが変わり、サイドターンランプ付ドアミラー(2.0Xを除く)が与えられるなどした。

さらにS-EDITIONでは、STIのロゴの入ったホイールや、ブルー×ブラックのスポーツシートがオプションではなく標準装備になったのは少々驚いたが、より買い得になった。

フォレスターというのは、派手さや華やかさこそあまりないが、使ってみるとそのよさを実感させるクルマ。

日常生活を送るクルマとして、その万能ぶりはもともととてもハイレベルだったところ、今回さらに走りの実力が高められたことを歓迎したいと思う。

スバル フォレスター Sエディションスバル フォレスター Sエディションスバル フォレスター Sエディションスバル フォレスター Sエディションスバル フォレスター Sエディション

スバル フォレスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル フォレスター の関連記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18