autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル フォレスター 新世代ボクサーエンジン搭載車 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/11/26 15:01

スバル フォレスター 新世代ボクサーエンジン搭載車 試乗レポート(2/3)

関連: スバル フォレスター Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
スバル フォレスター 新世代ボクサーエンジン搭載車 試乗レポート

新世代ボクサーは動力性能よりも燃費の良さが光る

スバル フォレスタースバル フォレスター

新世代ボクサーを搭載したフォレスターは、最高出力148ps/6,000rpmとカタログスペックに変化はなく、最大トルクが19.5kgm/3,200rpmから20.0kgm/4,200rpmと、ピーク値が若干上がり、発生回転数も1,000rpm高くなっている。

従来型も回せばそれなりにパワフルで、実際、全開にしてしまうと新旧の差はあまりないのだが、アクセル開度が小さい領域でのピックアップがよくなっているのが一番の違い。

従来型は、2速ならまだいいが3速で2,000rpmぐらいから軽く踏み込んでも、もわーっとした感覚でツキがよろしくなく、前に進んでいく感覚に乏しいのは否めない。そして踏み込むとかなり頻繁にキックダウンする。

ところが現行型では、少し踏み込んだだけでも、いくぶんスッと加速するようになった。正直、これは「大差」ではなく「小差」ではある。

しかし、通常の運転時には頻繁に使う領域であり、数字に出てこない部分の特性の、この微妙な「小差」が、乗りやすさには「大差」になって効いてくるのだ。

また、これに似た感覚をスロットルの早開きで演出しているケースも多いところだが、フォレスターではそうではなく、エンジンの素性でやっているのでギクシャクする印象もない。

スバル フォレスターを試乗する岡本氏

高速道路で、たとえば100km/hで巡航していて、交通事情により70km/hに落としたあとで、また緩加速のまま100km/hにもどしたいときなど、新型のほうがラクにもとにもどせる印象。

ゆるやかな登坂ともなれば、違いはより明らかになる。

ちなみにトップギアで100km/h走行時のエンジン回転数は約22,00rpmだ。

ただし、ライバルと比べてどうかというと、同クラスのCVT勢に対してはビハインドを感じさせなくはない。

やはり、ATが4速であることを気にせずにはいられないところで、スバルにもリニアトロニックという完成度の高いCVTがあるのだが、それはフォレスターには搭載できないらしい。

ようするに、あくまでフォレスターの中で、従来よりもずいぶんよくなった、と認識いただければと思う。むしろ動力性能よりも燃費のよさに目を向けるべき。

10・15モード燃費が従来の13.8km/Lから15.0km/Lと、クラストップに達したのは立派である。

スバル フォレスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル フォレスター の関連記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29