autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 2011年7月 販売ランキング/松下宏 2ページ目

自動車評論家コラム 2011/8/9 15:47

2011年7月 販売ランキング/松下宏(2/4)

Text: 松下 宏
2011年7月 販売ランキング/松下宏

11位~20位:コンパクトカーが半分以上を占める

スズキ パレットSW

※()内は販売台数

11位:ラクティス(6,321)/12位:カローラ(6,242)

13位:ライフ(6,205)/14位:フリード(5,636)

15位:パレット(5,463)/16位:マーチ(5,156)

17位:モコ(4,629)/18位:ノート(4,565)

19位:ヴォクシー(4,452)/20位:パッソ(3,923)

11位から20位にはさまざまなタイプの車種が入っているが、その顔ぶれは前月とあまり変わらない。コンパクトカーは11位「トヨタ ラクティス」、12位「トヨタ カローラ」、16位「日産 マーチ」、18位「日産 ノート」、20位「トヨタ パッソ」と半分を占めている。

コンパクトカーや軽自動車など、価格が安く燃費も良いクルマが好まれる傾向は変わっていない。

軽自動車は、13位「ホンダ ライフ」、15位「スズキ パレット」、17位「日産 モコ」の3車種。軽自動車の上位5車種に比べれば若干差をつけられているが、この3車種は11位~20位の間に位置することが多い。

パレットはOEM供給車のルークスに対して販売台数で勝っているが、モコのベースであるMRワゴンは大差を付けられてランクも32位と低迷している。

スズキと日産の販売会社の力の入れ方が違うにしても、面白い傾向だ。

ミニバンは「ホンダ フリード」と「トヨタ ヴォクシー」の2車種だけが入っている。一時に比べミニバンの市場も縮小傾向にあるようだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!