マツダ アテンザ  &  アクセラスポーツ  &  アテンザスポーツワゴン 【11/20更新!】いよいよ発売!! マツダ 新型「アテンザ」の解説公開  ~フルモデルチェンジで3代目へ~

記事・レポート 新車情報 スクープ! 【11/20更新!】いよいよ発売!! マツダ 新型「アテンザ」の解説公開  ~フルモデルチェンジで3代目へ~

【11/20更新!】いよいよ発売!! マツダ 新型「アテンザ」の解説公開  ~フルモデルチェンジで3代目へ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【11/20更新!】いよいよ発売!! マツダ 新型「アテンザ」の解説公開  ~フルモデルチェンジで3代目へ~

遂にマツダ アテンザ発売

【2012年11月20日更新】

遂に発売となったマツダ新型「アテンザ」!!

少しずつ明かされていた情報も、この日のためにやってきたと言っても過言ではない!!

エンジンラインナップは、すべて直列4気筒の2Lと2.5Lのガソリンエンジン(スカイアクティブ・G)、さらに2.2Lのクリーンディーゼルターボエンジン(スカイアクティブ・D)が設けられている。

CX-5と同様の設定に加え、2.5Lのガソリンエンジンに「スカイアクティブ・G」が新たに初採用された。

2.5Lガソリンエンジンの最高出力は、2Lガソリンエンジンを33馬力上まわる188馬力(5,700回転)、最大トルクは5.5kg-m高い25.5kg-m(3,250回転)。

2.2Lクリーンディーゼルターボは、最高出力が175馬力(4,500回転)、最大トルクは42.8kg-m(2,000回転)。この数値はCX-5と等しく、最大トルクはガソリンエンジンに当てはめれば4,000ccのV型6気筒並。

さらに、組み合わせられるトランスミッションには「スカイアクティブ・ドライブ」と呼ばれる6速ATを主力とするが、クリーンディーゼルターボのXDには「スカイアクティブ・MT」の6速MTも用意される。

新型アテンザは、減速エネルギー回生システム『i-ELOOP』(アイ・イーループ)や、環境性能、先進の安全技術に目が行きがちだが、クリーンディーゼルターボの最大トルクは2,000回転で発生し、発進直後からディーゼルならではの太いトルクを体感できるのである。

いよいよ発売開始したマツダ 新型 アテンザの詳細はこちら↓↓

マツダ 新型アテンザ 新型車解説

2012年11月下旬登場予定のマツダ新型アテンザはSKYACTIV-MT(6MT)も国内導入決定だ!!

【2012年10月6日更新】

11月下旬の発表に先駆け、マツダが新型アテンザのプロトタイプモデルを一般公道(箱根TOYO TIRESターンパイク)を貸し切って先行試乗を行った。

今回、試乗会に用意されたモデルは、ガソリンの2リッター、2.5リッターのCVT、クリーンディーゼルの2.2リッターCVT、さらディーゼルエンジンにだけ用意されたSKYACTIV-MT(6MT)モデルの計4車種。

走りはもちろんのこと、乗用車用として世界で初めて蓄電器にキャパシターを採用した減速エネルギー回生システム『i-ELOOP』(アイ・イーループ)を搭載し、ストロングハイブリッド顔負けの低燃費、環境性能、さらには最新の安全性・装備までを詰め込んだ、マツダ渾身の1台だ。

↓ では早速、試乗レポートをチェックしてみよう ↓

マツダ 新型アテンザ (プロトタイプ)試乗レポート/桂伸一  [2012年10月6日]

【2012年10月5日更新】

3代目にフルモデルチェンジし、11月下旬にも国内販売予定のマツダ 新型アテンザの価格帯が発表された。また、明日10月6日(土)より予約受注も開始する。

ボディカラーは全7色。鼓動デザインを際立たせ象徴するイメージカラーとして、新色「ソウルレッドプレミアムメタリック」を採用。塗装には、こだわりをもつ職人の手で作り出すような精緻で高品質な「匠塗(TAKUMINURI)」専用プログラムを採用している。

今後の新型モデルにもマツダはこの「ソウルレッドプレミアムメタリック」を展開していくと開発陣は意気込んでいた。

<特別塗装色「ソウルレッドプレミアムメタリック」は車両販売価格+52,500円(消費税込) 、「スノーフレイクホワイトパールマイカ」は車両販売価格+31,500円(消費税込)>

そして今回明らかになったトピックスはやはり、 「SKYACTIV-MT(6MT)」国内導入決定!! だ。

パワートレインに、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」とガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」、さらに新開発のガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」をラインナップ。「SKYACTIV-D 2.2」には、軽快で節度感のあるシフトフィールを提供する「SKYACTIV-MT(6MT)」を設定している。

<マツダ 新型アテンザ 価格表>

ボディタイプ

機種

駆動

エンジン

変速機

販売価格

(消費税込)

セダン

20S

2WD

SKYACTIV-G 2.0

SKYACTIV-DRIVE

(6ECAT)

2,500,000円

25S

L Package

SKYACTIV-G 2.5

SKYACTIV-DRIVE

(6ECAT)

3,000,000円

XD

(クロスディー)

SKYACTIV-D 2.2

SKYACTIV-DRIVE

(6ECAT)

2,900,000円

SKYACTIV-DRIVE

 (6MT)

3,026,000円

XD L Package

SKYACTIV-DRIVE

(6ECAT)

3,400,000円

ワゴン

20S

2WD

SKYACTIV-G 2.0

SKYACTIV-DRIVE

(6ECAT)

2,500,000円

25S

L Package

SKYACTIV-G 2.5

SKYACTIV-DRIVE

(6ECAT)

3,000,000円

XD

(クロスディー)

SKYACTIV-D 2.2

SKYACTIV-DRIVE

(6ECAT)

2,900,000円

SKYACTIV-DRIVE

(6MT)

3,026,000円

XD

L Package

SKYACTIV-DRIVE

(6ECAT)

3,400,000円

【2012年9月27日更新】

先日の9月21日に、先進安全技術 「i-ACTIVSENSE(アイ アクティブセンス)」の搭載 がアナウンスされたばかりの新型「MAZDA 6」(日本名「アテンザ」)だが、遂にその ワゴンモデル が、2012年9月27日~10月14日まで開催される2012年パリモーターショーで、世界初公開された!!

さらに、2012年モスクワモーターショーでも公開されたセダンモデルも同時展示が行われている。

展示車両は、セダン・ワゴンともに、初公開となる クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」 を搭載したモデルだ。

【2012年9月21日更新】

アテンザはデザインばかりでなく、安全面でも新たな基軸をみせてくれるようだ。

マツダは9月21日、新型アテンザに先進安全技術 「i-ACTIVSENSE(アイ アクティブセンス)」 を搭載すると発表した。これはプリクラッシュセーフティ技術のみならず、アクティブセーフティ技術も含んだ総合的な安全運転支援システムなのだから凄い。

スバルが最先端の安全支援システム「アイサイト」を採用し話題を呼んでいるが、これらをも上回る先進安全技術の数々が、セットで用意されているようなのだ。設定価格も含め、こちらも発表が待ち遠しい内容となった。

詳細については下記のリンクをチェックして欲しい!

マツダ、新型アテンザに先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ アクティブセンス)」を搭載 [2012年9月21日:自動車ニュース]

※このほか、3代目 新型 アテンザの画像は「コチラ」もチェック!

【2012年9月5日更新】

9月27日からいよいよ開催される「2012年パリモーターショー」で、新型「MAZDA 6」(日本名「アテンザ」)が公開される。公開される新型「Mazda6」は、ワゴン2台とセダン1台。エンジンは、今回世界初公開となる新世代クリーンディーゼルエンジン 「SKYACTIV-D 2.2」 を搭載。

  「SKYACTIV-D 2.2」 には、ハイパワーとスタンダードパワーの2機種が設定され、いずれも欧州排出ガス規制「Euro6」に適合している。また、ディーゼルエンジンに加え、マツダの新世代ガソリンエンジン 「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-G 2.5」 も設定。

 他にも、先進の安全技術やマツダ独自の減速エネルギー回生システム 「i-ELOOP(アイ・イーループ)」 が採用されている。新型『Mazda6』は、2012年中に欧州市場に導入予定。

  【2012年9月3日更新】

2012年9月1日に筑波サーキットで開催された「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」では、パドック内にてついに、新型「マツダ アテンザ」(Mazda6)の欧州仕様車(プロトタイプ車両)が日本で初公開された!!

SKYACTIV技術と魂動デザイン第2弾、ボディサイズはさらに拡大

新型アテンザ(Mazda6)は、販売好調なSUV「CX-5」に続き、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」と、マツダの新デザインテーマ「魂動(こどう) -Soul of Motion」を全面採用した第2弾モデル。コンセプトカー「雄(TAKERI)」をそのまま市販化したような流麗で存在感溢れるボディデザインに加え、特に今回は「i-ELOOP(アイ・イーループ)」導入が大きなニュースとなる。

i-ELOOPはマツダ独自の減速エネルギー回生システムで、減速時のエネルギーを従来のバッテリーではなく、より高効率なキャパシタに蓄電することで、エンジンの蓄電に要するエネルギーを軽減して燃費向上につなげる。

3代目の新型アテンザのボディサイズは全長x全幅x全高が4865x1840x1450mm、ホイールベースが2830mm(※スペックは全てロシア仕様)。ちなみに現行の2代目アテンザセダン(日本仕様)のボディサイズは、全長x全幅x全高が4735x1795x1440mm、ホイールベースが2725mmで、さらに車体が一回り大きくなっていることがわかる。特に後席スペースはかなり拡大されていることが予想されるが、狭い日本の路上での使い勝手には影響がないか、気になるところだ。

ロシア仕様の搭載エンジンはSKYACTIV-G 2.0(2.0リッターガソリン)と、SKYACTIV-G 2.5(2.5リッターガソリン)の2機種。前者は最高出力110kW/6000rpm、最大トルクは210Nm/4000rpm、後者は最高出力141kW/5700rpm、最大トルク256Nm/3250rpmをそれぞれ発揮し、「SKYACTIV-DRIVE」(6速AT)・「SKYACTIV-MT」(6速MT:2.0リッターのみ)と組み合わされる。

SKYACTIV-シャシーやSKYACTIV-ボディの採用により、意のままに操るドライビングダイナミクスを目指したというから、試乗が楽しみだ。

新型アテンザの日本市場への導入時期や、セダンボディ以外のラインナップ(アテンザスポーツ[5ドアハッチバック]・アテンザ スポーツワゴン[ステーションワゴン]等)は未発表だが、マツダによれば2012年末にグローバルで販売を開始するとのアナウンスをしていることから、秋~冬にかけての頃には日本でも見ることが出来るものと思われる。

  ◎関連記事:

マツダ、新型「Mazda6」(日本名:マツダ アテンザ)の生産を防府工場で開始 [2012年8月3日]

新型アテンザのフォトイメージを一部公開!マツダ、新型アテンザ(Mazda6)をモスクワモーターショーで世界初公開 [2012年7月25日]

(※以下は2012年7月18日現在の記事です)

マツダは、2012年中にもフルモデルチェンジを予定する3代目の新型「アテンザ」シリーズ(世界市場では「MAZDA 6」名)について、そのディテールの一部を動画投稿サイト「YouTube」のマツダチャンネル(http://www.youtube.com/mazdaofficialweb)で公開した。

第一弾は「All-New Mazda6, not TAKERI 1 [Family face]」のタイトルで、2011年の東京モーターショーで発表したマツダの次世代中型セダンコンセプトカー「雄(TAKERI)」を想わせるスタイリッシュなフロントグリルやヘッドランプなどを紹介している。

世界初の減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」(アイ・イーループ)を搭載

新型アテンザは、乗用車用として世界で初めて蓄電器にキャパシターを採用した減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」(アイ・イーループ)を搭載する。

i-ELOOPは、一回の減速で大量の電気エネルギーを回収できるようにすることで、ハイブリッド車のように特別なモーターやバッテリーを持たない一般の乗用車でも、高効率な減速エネルギー回生を行えるシステムのこと。 マツダの発表によれば、頻繁に加減速がある実用走行時で、約10%の燃費改善効果が見込めるという。

これに、マツダ自慢のアイドリングストップ技術「i-stop」(アイ・ストップ)やSKYACTIV-G(ガソリン)/SKYACTIV-D(ディーゼル)エンジンなどと組み合わせることで、従来型アテンザに対し、大幅な燃費改善が見込まれるものと思われる。

なおマツダによれば、新型アテンザのディテール等は今後徐々に明かされていく予定。オートックワンでは、今後も新型アテンザの動向について随時注目していく。