autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マツダ 新型アテンザ 新型車解説

新型車解説 2012/11/20 10:15

マツダ 新型アテンザ 新型車解説(1/4)

関連: マツダ アテンザ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: マツダ株式会社 / 和田清志
マツダ 新型アテンザ 新型車解説

魅惑的なデザインで注目度抜群の新型アテンザを徹底解説!

マツダ 新型アテンザセダン[プロトタイプ]マツダ 新型アテンザセダン[プロトタイプ]マツダ 新型アテンザワゴン[プロトタイプ]マツダ 新型アテンザワゴン[プロトタイプ]

いよいよ真打ち登場!

CX-5に続き、マツダの「スカイアクティブ・テクノロジー」をフルに採用した新型車として、3代目アテンザが発売された。エンジン、トランスミッション、プラットフォーム、サスペンションまで様々な部分が新しくなっている。クルマ好きの読者諸兄にとっては、特に注目度の高いクルマだろう。

ボディバリエーションは、セダンとワゴンの2種類。従来のアテンザに設定されていた5ドアハッチバックは、新型アテンザでは用意されていない。フロントマスクは鋭角的なデザインで、マツダ車であることを表現するグリルはメッキで縁取りされている。インパクトの強い顔立ちとなった。

ボディサイドはフェンダーが大きく張り出し、複数のキャラクターラインが深みのある陰影を生み出す。ドアノブの上側には光が当たってその下側は陰に、ボディサイドの下端に近いあたりは再び光を帯びる。少し繁雑だが、独特の情緒が伴う外観だ。

フロントピラー(天井を支える柱)の付け根を先代アテンザに比べて100mm後退させたことにも注目したい。ボンネットの長い「ロングノーズ」のデザインで、外観はスポーティな印象だ。ピラーが前方に張り出さないから、斜め前の視界も向上した。

全長とホイールベースはワゴンよりもセダンの方が長い

マツダ 新型アテンザセダン[プロトタイプ]マツダ 新型アテンザワゴン[プロトタイプ]

セダンとワゴンを比べると、フロントドアから前側は共通。リアドアから後ろ側は造形が異なる。

興味深いのはボディの寸法だ。全幅は「1,840mm」で共通だが、全長は新型アテンザセダンが「4,860mm」で新型アテンザワゴンが「4,800mm」。ホイールベースは新型アテンザセダンが「2,830mm」で新型アテンザワゴンは「2,750mm」になる。

かつてのカペラ(アテンザの前身)を含めてワゴンの全長やホイールベースがセダンを上まわることはあるが、新型アテンザは逆だ。全長で「60mm」、ホイールベースで「80mm」、セダンの方が長いのだ。

開発者に理由を尋ねると、「新型アテンザセダンはリアシートの居住性が重視されるので、ホイールベースを伸ばした。新型アテンザワゴンは荷室の広さが大切になるため、ホイールベースを短く抑えてタイヤとサスペンションの張り出しを前方に寄せた」と言う。

ただし、ホイールベースを80mm伸ばしたにもかかわらず、新型アテンザワゴンのリアシートに座る乗員の足元空間は新型アテンザセダンに比べて30mm前後しか拡大されておらず、広がり方が少ない。後輪とリアシートの間隔を離すことで、座り心地の向上を図った面もある。

マツダ アテンザ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アテンザ の関連記事

マツダ アテンザの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アテンザ の関連記事をもっと見る

マツダ アテンザ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21