autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ルノー トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2011/8/16 15:54

ルノー トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: ルノー トゥインゴ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
ルノー トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール 試乗レポート/岡本幸一郎

足まわりとステアリングレシオが生み出す痛快なフィール

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポールトゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール

見た目だけじゃない。このクルマのもうひとつの大きな醍醐味は、走りの楽しさにある。

通常のトゥインゴRSではサーキット走行にも対応する「シャシーカップ」と呼ぶセッティングだったのに対し、このクルマではサスペンション剛性を10%落とした「シャシースポール」を採用。加えて、15.9というクイックなステアリングレシオを採用している。

この組み合わせが絶妙で、ドライブフィールは痛快極まりない仕上がりとなっている。キビキビとした操縦性は、ただでさえコンパクトで軽量なこのクルマを操ることを、より一層楽しいものとしてくれる。

スパルタンすぎることもなく、乗り心地の快適性が保たれていながら、コーナリング時の姿勢変化も小さく、4つのタイヤが常にしなやかに路面に追従している感覚がある。

トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポールトゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール

もともとトゥインゴに対し、コンパクトカーらしからぬ落ち着いた乗り味持っていて好感を抱いていたが、このクルマも高速巡航時の直進安定性も良く、フラット感のあるドッシリとした乗り味を持っている。

どこを走っても、心地よいスポーティテイストを満喫できる味付けだ。パワートレインは、通常のトゥインゴRSと共通となる、最高出力98kW[134ps]/6750rpm、最大トルク160Nm[16.3kgm]/4400rpmを発生する1.6リッター直列4気筒DOHCエンジンと、5速MTという組み合わせ。

キャラクターからすると高回転型のような気もするところだが、実際にはトルク重視で、なかなか瞬発力がある。俊敏なフットワークと併せて、このクルマのドライビングプレジャーをよりいっそう高めている。

ルノー トゥインゴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー トゥインゴ の関連記事

ルノー トゥインゴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー トゥインゴ の関連記事をもっと見る

ルノー トゥインゴ の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23