autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ ケイマンR 試乗レポート/河村康彦 2ページ目

試乗レポート 2011/03/22 19:44

ポルシェ ケイマンR 試乗レポート/河村康彦(2/3)

関連: ポルシェ ケイマン Text: 河村 康彦 Photo: ポルシェ ジャパン
ポルシェ ケイマンR 試乗レポート/河村康彦

軽量化策を視覚上からもアピールするケイマンR

ポルシェ ケイマンRポルシェ ケイマンR

ホールド感抜群でありながら乗降性には殆どマイナスの影響を与えないシートに腰を下ろし、ステアリングのチルトとテレスコピック機能を用いてドライビング・ポジションを決める。ドアポケットや収納が廃されたのは、わずかながらも実質的な軽量効果を狙ったものであるはず。

一方、メーターフードの廃止やドアオープナーのストラップ化などは、そんな軽量化策を視覚上からアピールする一策と受け取るべきか。

スペイン領マヨルカ島で開催された国際試乗会でチョイスしたテスト車は、ショートシフター機構をオプション装着したMT仕様。ただし、確かにシフト時の操作量は減るものの、その分重く、軽快な操作フィールには欠けていた。軽やかな走り味が狙いのケイマンRの場合、「このアイテムは必ずしもマッチングが良いとは思えない」というのが個人的な印象だ。

オプション化されたエアコンやナビゲーション・システムが装着されていた事もあり、恐らくSグレードに対する減量分は35~40kg程度に留まると思われたテスト車の場合、実はその加速の印象はSグレードに対して飛び抜けて向上した印象は受けなかった。

もっとも、それでも絶対的な加速のポテンシャルはすこぶる高く、一級スポーツカーとして十分満足の行くレベル。エグゾーストとマネージメント・システムを変更して10psを稼いだというエンジンが発するサウンドは、気のせいかSグレードが積むユニットが発するそれよりも幾分力強く感じられた。

ポルシェ ケイマンRポルシェ ケイマンRポルシェ ケイマンRポルシェ ケイマンRポルシェ ケイマンR

ポルシェ ケイマン 関連ページ