autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ 911 タルガ4S 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/2/19 13:21

ポルシェ 911 タルガ4S 試乗レポート(2/3)

関連: ポルシェ 911 Text: 岡本 幸一郎 Photo: 島村 栄二
ポルシェ 911 タルガ4S 試乗レポート

PDKはティプトロに敵うのか

シフト(7速PDK)

直噴エンジン+PDKとなったパワートレインの第一印象は、まずはエンジンが文句なく速い。3.8Lのフラット6は、直噴化される前から十分に速かったが、さらにピックアップが鋭くなった。全域でフラットに太いトルクを発生しつつ、突き抜けるように力強く吹け上がる。

PDKの制御は、通常モードでは運転しやすさに配慮したマイルドなレスポンス。ATを模したクリープもある。スポーツやスポーツプラスモードを選択すると、人間業のMT操作では不可能な速さでシフトチェンジを実現する。エンジンの直噴化の恩恵もあってか、ブリッピングも非常に的確だ。

ただし、重箱の隅をつつくように試すと、ゼロスタート時や、駐車時など微低速走行時と、とくにそれを勾配のある場所で行なう場合のスムーズさは、どうしてもATには及ばない。さらに、全開走行時はいいのだが、常用域での緩加減速で、ちょっとギクシャクすることがある。また、通常モードでは、駆動力の変動による挙動の乱れを嫌ってか、一定の条件下でステアリングを切った状態でのシフトチェンジのレスポンスをかなり落としていることなど、いくつか気になる点もあった。

PDKは機構的には次世代のMTだが、ポルシェのラインアップとしては、ティプトロの代わりである。そして、日本でのポルシェユーザーの9割近くがティプトロを購入していた現実もある。そうなると、ユーザーが求めるものを考えると、とくにタルガの場合は、もうしばらくティプトロが残っていたほうがよかったような気もしなくもない。

とはいえ、そこはさすがポルシェ。少し前に出たカレラに対し、早くも改良の痕跡をうかがわせた。微低速時のスナッチが減り、またエンジン回転が不要に上昇してクラッチがつながるのを待つようなシーンが少なくなっていたのだ。おそらく今後も、非常に早いタイミングで改良を繰り返していくことと思われる。

ステアリングメーターパネルタイヤ&アルミホイール(19インチ)デュアルチューブ・ツインエグゾーストテールパイプ試乗1

ポルシェ 911 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 911 の関連記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連記事をもっと見る

ポルシェ 911 の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円