autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 新型 308・308SW 速攻試乗レポート/河口まなぶ

試乗レポート 2014/10/3 10:18

プジョー 新型 308・308SW 速攻試乗レポート/河口まなぶ(1/3)

関連: プジョー 308 , プジョー 308SW Text: 河口 まなぶ Photo: オートックワン編集部
プジョー 新型 308・308SW 速攻試乗レポート/河口まなぶ

欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞の実力を国内で速攻テスト!

プジョー 新型 308SW Cielo(シエロ)

プジョーのCセグメントハッチ・ワゴン「プジョー 308/308SW」がフルモデルチェンジを実施した。先行発売済みの欧州では「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、既に高い評価が与えられている。そんな中、待望の国内発売開始を前に、サーキットでの先行試乗会が実施された。

気になる新型プジョー 308/308SWのファーストインプレッションを、超速報で届けてくれたのは・・・自動車評論家の河口まなぶさんだ!

ドイツ車も真っ青なグローバル基準のハイクオリティぶり

THE ALL NEW PEUGEOT 308 Allure(プジョー 新型 308 アリュール)[ボディカラー:リオハ・レッド(特別塗装色)]プジョー 新型 308 Cielo(シエロ)

ひと目見た瞬間、相当に上質になったな、と思った。もう以前の、どこかに隙があるからこそニクメないフランス車のイメージはすっかり消え失せて、随分と大人びた印象があったのだ。

そうして感心する一方、心配事はさらに大きなものになった。それはつまり、

ますますドイツ車的になったんじゃないか?

ということ。先代もその前のモデルと比べると、かなり上質になった=ドイツ車的になったと思えたわけで、今回はそれに輪をかけた状態。佇まいにはエスプリというより、硬質で精緻な感覚が宿ってさえいる。

もはやオープンテラスのカフェの前よりも、明らかにコンクリートとガラスの建物の前の方が雰囲気的に似合う…要はそのくらい、質感の向上が著しい。キャラクターとしてのフランス度は希薄だが、ある意味、良いもの感は最大のライバル「フォルクスワーゲン ゴルフ」以上のクオリティを感じさせるほどだ。

内装の仕立ても隙がない!

プジョー 新型 308 Cielo(シエロ)プジョー 新型 308 Cielo(シエロ)

そうしてドアを開けてみると、目の前に広がる景色もドイツ車真っ青の隙のなさを見せつけてくる。

なんといっても内装の立て付けが文字通り“隙がない”だけに、クオリティがとても高く感じる。そしてシルバーのスイッチ類等がカッチリとアクセントとして効いており、上級モデルではセンターにスウェード調の生地をもちいたレザーシートが落ち着いた雰囲気を醸し出している。

そうした内外装に正直、歓びと悲しみが複雑に混じり合う感情を覚える。

なぜならば、プロダクトとしての圧倒的な進化を見せつけられ素晴らしいと感じる歓びと同時に、そこにはエクステリアで感じた以上に、ドイツ車的な世界観とヒエラルキーを感じるからである。

プジョー 新型 308 Cielo(シエロ)

果たしてこれはどう評価すべきか?

製品としては間違いなく優れている。しかし商品としては実に悩ましいものを抱えていることも間違いない。

そうして僕は新型プジョー 308のシートに座り、エンジンをスタートさせて走り出した。するとそこに、とてつもなく面白い世界が広がっていた。

[新型プジョー 308がみせてくれた興味深い世界とは・・・次ページへ続く]

プジョー 308 関連ページ

プジョー 308SW 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 308 の関連記事

プジョー 308の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 308 の関連記事をもっと見る

プジョー 308 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円