autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【PR】直感で選んだっていい! 新型 プジョー 208 Allure「Pure Tech 3気筒1.2ターボ」試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/4/7 17:22

【PR】直感で選んだっていい! 新型 プジョー 208 Allure「Pure Tech 3気筒1.2ターボ」試乗レポート(2/3)

関連: プジョー 208 Text: 塩見 智 Photo: 小林岳夫
【PR】直感で選んだっていい! 新型 プジョー 208 Allure「Pure Tech 3気筒1.2ターボ」試乗レポート

我慢を強いられるところなんて、全然見当たらない

新型「プジョー 208 アリュール シエロ パッケージ」(Pure Tech 3気筒 1.2リッターターボ搭載)試乗レポート/塩見智新型「プジョー 208 アリュール シエロ パッケージ」(Pure Tech 3気筒 1.2リッターターボ搭載)試乗レポート/塩見智

それがさっきから乗っているこの「208 Allure(アリュール)」はどうだ。我慢すべきところが見当たらないじゃないか。

第一多くのフランス車ユーザーが嘆き、諦観するしかなかった時代遅れの4速ATでもなければ、助手席の乗員の頭を揺らすロボタイズドMTでもない。スムーズな6ATが備わっているのだ。

ジグザグゲート式のATセレクターの操作性も悪くない。セレクターレバーの取り付け剛性がもう少し高ければ完璧だ。

現代的なATと組み合わせられることもあって、1.2リッター3気筒ターボ「PureTech」エンジンは生き生きと仕事をする。3気筒のくせに(!?)最高出力110ps/5500rpm、最大トルク20.9kgm/1500rpmと十分なパワーを発揮するこのエンジンは、低回転ではゴロゴロと犬が怒ったときのようなフィーリングで回り、回転を上げると4気筒と変わらぬスムーズさで吹け上がっていく。

内外小型モデルの3気筒エンジンの中でもベストな1台

新型「プジョー 208 アリュール シエロ パッケージ」(Pure Tech 3気筒 1.2リッターターボ搭載)試乗レポート/塩見智

ここのところ各社競うようにコンパクトカーに採用する3気筒エンジンだが、プジョーのはパワーと回転の質感を総合するとベストだと思う。3気筒のおかげで軽く、(部品点数が少ないから)抵抗が少なく、燃費向上に貢献している。カタログ上の燃費は18.2km/L[JC08モード]。

パワーは十分、変速はスムーズ。乗り心地とハンドリングのバランスをとるのはプジョーの大昔からの得意技。スタイリッシュで塊感のあるスタイリングは、スペイン語で「深海」を意味するカラド・ブルーに塗装され、よけいに凝縮されて引き締まって見える。要するに208はいいことばかりで我慢のいらないクルマなのだ。隔世の感あり。

[フレンチらしい個性は今も息づいていた・・・次ページへ続く]

プジョー 208 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 208 の関連記事

プジョー 208の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 208 の関連記事をもっと見る

プジョー 208 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • プジョー

    新車価格

    354万円426万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円