ステランティスからはプジョーが登場! 時代を問わず感じるフレンチエスプリ全開のモデルを写真で振り返る

画像ギャラリーはこちら
「我が国に成熟した自動車文化を創成する」というテーマで開催されているオートモビルカウンシル。今年も4月15日から17日までの3日間、幕張メッセを会場に開催された。

自動車の歴史と文化を過去から現在に、そして未来へと受け継ぐことを目指して開催されている同イベントには、自動車メーカーも多く出展し、各メーカーの過去と現在、そして未来についての展示が多くみられた。

その中でもまさにそのテーマに合致していたと言えるのが、フランスのメーカーであるプジョーのブースだろう。

目次[開く][閉じる]
  1. 1983年に小型ハッチバックモデルとして登場したプジョー 205
  2. 1993年にハッチバックモデルの306が登場した
  3. 新型には電気自動車やプラグインハイブリッドなど電動モデルも多数!

1983年に小型ハッチバックモデルとして登場したプジョー 205

現在、日本で展開するラインナップの中でコンパクトな部類に入る「208」と「308」の隣には、その先祖とも言える「205」と「306」が展示されていたのだ。

プジョー 205といえば1983年に登場した小型ハッチバック車であり、当時の社運をかけてリリースした渾身の1台。それまでプジョーというと地味で目立たない存在であったのだが、この205の登場によってプジョー=スポーティで若々しいというイメージへと一新することができたのだった。

ラインナップもスタンダードな小排気量のハッチバックだけでなく、1.6リッターエンジンと搭載した「GTI」や(のちに会場に展示された1.9リッターへ出力アップ)、ソフトトップを備えたカブリオレモデルの「CTI」、そしてWRCのグループBに出場するためのホモロゲーションモデルである「ターボ16」など、幅広いラインナップとなっていたのも特徴だった。

1993年にハッチバックモデルの306が登場した

一方の306は1993年に登場した、205よりも新しい世代で一回り大きなボディを持ったハッチバックモデルだ。当初は3ドア&5ドアのハッチバックのみのラインナップであったが、のちにセダンやカブリオレ、ブレーク(ワゴン)といったボディバリエーションが追加されている。

会場に展示されたのは2000年式のホットモデル「S16」で、163馬力を発生する2リッターDOHCエンジンと6速MTを組み合わせたもの。205ターボ16のような過激なホモロゲーションモデルこそ存在しなかったが、ラリーフィールドの活躍も記憶に残る1台となっている。

新型には電気自動車やプラグインハイブリッドなど電動モデルも多数!

そして、その2台の血を脈々と受け継ぐ「208」と「308」。208にはピュアEVである「e-208」が、先日新型がデビューしたばかりの308にはプラグインハイブリッドである「GT-HYBRID」がラインナップされるなど、時代の流れに即した変更こそなされているが、実際に乗ってみると“猫足”と評された乗り味は不変。

これこそが過去から現在、そして未来へと受け継ぐべくプジョーの美点ということにほかならないのだろう。

【筆者:小鮒 康一】

プジョー/208
プジョー 208カタログを見る
新車価格:
264.2万円316.1万円
中古価格:
37万円340万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

プジョー 208の最新自動車ニュース/記事

プジョーのカタログ情報 プジョー 208のカタログ情報 プジョーの中古車検索 プジョー 208の中古車検索 プジョーの記事一覧 プジョー 208の記事一覧 プジョーのニュース一覧 プジョー 208のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる