autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート “世界一”の性能を誇る日産の「自動ブレーキ」体験レポート 2ページ目

イベントレポート 2015/6/2 21:47

“世界一”の性能を誇る日産の「自動ブレーキ」体験レポート(2/2)

関連: 日産 Text: 国沢 光宏 Photo: 和田清志
“世界一”の性能を誇る日産の「自動ブレーキ」体験レポート

エマージェンシーブレーキ/カメラ方式(歩行者に対する自動ブレーキ)

エマージェンシーブレーキ(カメラ方式)

歩行者に反応する自動ブレーキは、国産車だと日産の単眼カメラ式とスバルのみ(レクサスLSは高額過ぎてお話にならない)。

されど日産のシステム、本当に止まれるのか不明だった。他のメーカーの自動ブレーキ担当から「ウチでテストしたら止まれませんでした」と聞いていたからだ。

メーター読み30km/h弱で(実車速25km/hくらいだと思う)歩行者のダミーに接近していくと、おお!キッチリ止まりましたね!担当者に聞いてみたら、停止しているダミーが一番感知しにくいとのこと。少しでも動いていれば、ほぼ100%感知し、停車出来るという。

ライバルメーカーのテストは、見えにくいダミーだった?

エマージェンシーブレーキ/カメラ方式(単眼カメラの自動ブレーキ)

エマージェンシーブレーキ(カメラ方式)

日産の大半の車種に装備されていく単眼カメラ式の自動ブレーキは自分で試せた。

JNCAPの試験を見ると25km/h以下なら止まっている。お試しは20km/hからとのこと。この速度域なら止まれて当然ですね。

今後、もう少し高い速度域でも止まれるようにしたいとのこと。今や50km/hがスタンダードです。

踏み間違い衝突防止アシスト(ペダル踏み間違え防止)

BSI(後側方衝突防止支援システム)

超音波ソナー付きのクルマは、前方と後方への「ブレーキとアクセルの踏み間違えによる暴走」を防止する機能が付く。残念ながらアクセル全開操作は助手席体験のみだったけれど、無事飛び出しを防止出来ていた。

このシステム、事故防止効果が極めて大きいため老若男女全ての人におすすめしたい。

LDP(車線逸脱警告)/BSI(後側方衝突防止支援システム)

BSI(後側方衝突防止支援システム)

スカイラインとフーガに装備出来る車線逸脱時の修正機能と、写真の如く「斜め後方に車両が居るのに車線変更しようとした場合」の車線変更防止装置を試した。

後輪片側に緩いブレーキ掛け、進路をコントロールするという機能。もう少し強く利かせればさらに効果増すと思う。

磨き込めば素晴らしい安全装備になるだろう。

筆者: 国沢 光宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26