autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 GT-R NISMO・GT-R 2014年モデル 試乗レポート/河口まなぶ 3ページ目

試乗レポート 2013/12/3 10:30

日産 GT-R NISMO・GT-R 2014年モデル 試乗レポート/河口まなぶ(3/3)

関連: 日産 GT-R Text: 河口 まなぶ Photo: 島村栄二
日産 GT-R NISMO・GT-R 2014年モデル 試乗レポート/河口まなぶ

日産 GT-R NISMOをサーキットで試してひと言、「もう参りました!」

日産 GT-R NISMO[2014年モデル] 試乗レポート/河口まなぶ 3

サーキットで試した日産 GT-R NISMOは、もう参りましたのひと言。

まずなんといっても600psにまでパワーアップしたことで速さに磨きがかかっていた。これまでも十分以上に速かったが、それがさらに速いと思えるのだから堪らない。これまでのGT-Rにすら、試乗コースの袖ヶ浦フォレストレースウェイは狭いサーキットだったが、今回のGT-R NISMOではさらに狭さを感じるほど。そのくらい強烈な速さを手にした。

しかし!

スパルタンなGT-R NISMOですら「快適なのに速い」

日産 GT-R NISMO[2014年モデル] 試乗レポート/河口まなぶ 8

ハンドリングはむしろ以前よりもしなやかになったと思えるほどだったのがさらに驚きだった。

これまでGT-Rは成長をし続けて、2013年モデルでは登場時にはなかったドライバーとの対話性を手に入れていた。が、その2013年モデルと比べても、遥かに対話性が高まっている…しかも今それを感じているモデルはGT-R NISMOなのである。より走りに特化したスパルタンなモデルであるにも関わらず、むしろ以前よりフレンドリー…なのに速い、と一瞬ワケが判らなくなる感覚すらあるのだ。

ということはつまり結論として、2014年モデルの日産 GT-Rは開発陣が変わったことで180度向きを変えて「激変した」わけだが、ノーマルもNISMOも、ともに極めて好印象を抱かせるものになったといえるのだ。

存在そのものが良い意味でも悪い意味でも“大人になった”

日産 GT-R Premium edition(2014年モデル)[ボディカラー:ゴールドフレークレッドパール(新色)] 試乗レポート/河口まなぶ 5日産 GT-R NISMO[2014年モデル] 試乗レポート/河口まなぶ 13

しかし、である。ここが先に記した『存在そのものが良い意味でも悪い意味でも“大人になった”』という部分だ。

2014年モデルのGT-Rはつまり、水野さんのワンマン体制から離れ、いわゆる日産のルールに基づいた開発がなされて大きな進化を果たした。が、同時にこのモデルは“分化”もしたと僕は感じている。

つまり言い方を変えるとこういう風になる。

まずノーマルのGT-Rは、これまでのようにニュルでのアタックを行なわなくなったことで快適性の追求ができた。が、その分かつてに比べると速さや極限での性能(それを引き出せる人はそう多くないだろうが)は幾分犠牲になった、と。

一方NISMOは、よりサーキット等に特化したモデルとなったことで速さの追求ができた。その分かつて気にしていた快適性は幾分犠牲になった(と思える。この点は公道でまだ試せていないので)。

ニュルでのタイムアタック用は今回から専用の限定モデルへ

日産 GT-R NISMO[2014年モデル] NISMO専用オプションパック装着車 試乗レポート/河口まなぶ 16日産 GT-R NISMO[2014年モデル] NISMO専用オプションパック装着車 試乗レポート/河口まなぶ 17

実際、GT-R NISMOに関してはさらに追記すべき事項がある。ニュルブルクリンク北コースでミハエル・クルム選手が7分8秒679のタイムを出したクルマ(模様が描かれた写真のモデル)は今回試乗したGT-R NISMOをベースに、さらに軽量化を図ってウイングを始めとした空力パーツを変更し、サスペンションのセットも変更したニュルパッケージを装着したモデルである。

だからNISMOとNISMOニュルパッケージ装着車との間にも、ある程度の割り切りがあるといえるわけだ。

この辺りは何とも悩ましい話。良くも悪くも頑固なところが強かった水野さんが手掛けていた昨年までのGT-Rは、融通が聞かない部分もあったがその分、何というか荒削りな感じがまた魅力でもあったような気もする。

快適性を高めたからこそ知る、ライバル欧州プレミアムカーの底力

日産 GT-R Premium edition(2014年モデル)[ボディカラー:ゴールドフレークレッドパール(新色)] 試乗レポート/河口まなぶ 8

しかし一方で、健全(?)な開発によって誕生したこの2014年モデルは、いろんな意味で役割分担がしっかりとなされて、クルマとして大人となって大幅な進化を果たし、商品として判り易さを手に入れたといえる。

だが一方で、いろんなものがクリアになったことで、GT-Rは果たしてどこへ向かうのか? が一層気になる存在になったとも。圧倒的な高性能をアピールし続けるのか? それとも違うのか?

というのも量産車でニュルブルクリンクのタイムを更新するわけではなくなったし、ロードカーとしては速さよりも上質さを追求していくだろうから…と考えると、それは図らずも水野さんが手掛けて来た時以上に、ポルシェ911に近い土俵にのった気もする。

GT-Rが向かっていく今後の行く末が気になる!

日産 GT-R NISMO[2014年モデル] 試乗レポート/河口まなぶ 22

そうしたことも踏まえ、果たして今後GT-Rは何を世に問うのか? が気になるわけだ。それとも我々が想像も付かないような、新たな方向性を提示するのだろうか?

クルマそのものの仕上がり具合には、全くもって感心させられっぱなしだったのだけど、その仕上がりが優れるほどに、GT-Rの向かう先がなんとも気になってしまうのである。

日産の田村さん、今度あった時に是非教えてください!

[レポート:河口まなぶ/Photo:島村栄二]

「LOVECARS!TV!」河口まなぶサンのレポート動画はコチラから!

日産 GT-R NISMO 主要諸元

日産 GT-R NISMO[ボディカラー:ブリリアントホワイトパール]

全長x全幅x全高:4680x1895x1370mm/ホイールベース:2780mm/乗車定員:4名(2+2)/車両重量:1720kg(チタン合金製マフラー装着車は1710kg)/駆動方式:4WD(4輪駆動)/エンジン形式:NISMO専用チューニング VR38DETT型 V型6気筒 DOHC ツインターボエンジン[NISMO専用GT3タービン装着]/最高出力:600ps(441kW)/最大トルク:65.5kgf-m(652N・m)/トランスミッション:GR6型デュアルクラッチトランスミッション[ファイナルドライブ一体型トランスアクスル方式]/タイヤサイズ:[前]255/35ZRF20 97Y/(後)285/35ZRF20 100Y/車両本体価格:15,015,000円[消費税込み]/発売予定:2014年2月末

日産 GT-R NISMO[2014年モデル]日産 GT-R NISMO[2014年モデル]日産 GT-R NISMO[2014年モデル]日産 GT-R NISMO[2014年モデル]日産 GT-R NISMO[ボディカラー:ブリリアントホワイトパール]
日産 GT-R NISMO[2014年モデル] NISMO専用オプションパック装着車 試乗レポート/河口まなぶ 19

■↓ミハエル・クルム選手のドライブによるGT-R NISMO ニュルブルクリンク・北コース「7分8秒679」達成の瞬間を捉えた動画はこちらをチェック!↓[NISSAN]

日産 GT-R 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 GT-R の関連記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連記事をもっと見る

日産 GT-R の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26