autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル、インプレッサなど6車種が米国IIHSの2018年安全評価でトップセイフティピックを獲得

自動車ニュース 2017/12/11 12:15

スバル、インプレッサなど6車種が米国IIHSの2018年安全評価でトップセイフティピックを獲得

スバル 2018年型インプレッサ(米国仕様)

スバルは、北米で販売している2018年型インプレッサ、XV(北米名:クロストレック)、レガシィ、アウトバック、フォレスター、WRX(いずれもアイサイト装着車)が、IIHS(道路安全保険協会)が行う最新の2018年の安全性評価でトップセイフティピックを獲得したと発表した。

これら6車種は、要求される全ての耐衝撃性能試験において最高評価「Good」を、前面衝突予防性能試験においても最高評価「Superior」を獲得している。

さらに、2017年評価から導入されたヘッドライト性能試験においてもインプレッサ、レガシィ、アウトバック、WRXが「Good」を、XVとフォレスターが「Acceptable」を獲得した。

TSPを受賞するには前・側・後面・スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)耐衝撃性能試験すべてにおいて最良の乗客保護性能を持ち合わせた車として最高の「Good」を獲得するとともに、前面衝突予防評価において「Superior」または「Advanced」を獲得することが要求される。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサスポーツ の関連記事

スバル インプレッサスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサスポーツ の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサスポーツ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2018/4/26~2018/5/26