autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 新型フォレスターの悪路走破性を体感!発表前にオフロード試乗会開催

自動車ニュース 2015/10/8 17:52

新型フォレスターの悪路走破性を体感!発表前にオフロード試乗会開催

「スバル アクティブライフスクエア」のイベントとして一般ユーザーが参加

スバル 新型フォレスター オフロード試乗体験
スバル 新型フォレスター オフロード試乗体験

「スバル アクティブライフスクエア」のイベントとして、新型SUV体感試乗会が10月6日に開催され、応募で選ばれた一般ユーザーが参加した。

「スバル アクティブライフ スクエア」とは、ユーザーの趣味や好奇心を応援するプロジェクトで、同日に初公開されたばかりの新型フォレスターでオフロード試乗が行われた。

フォレスターは本格SUVで、あらゆる道を走行できるよう「X-MODE」とよばれるAWD走行時の性能をより高める制御システムが装備されている。

たとえば雪道からの発進時や荒れた山道を登坂中にタイヤが空転して脱出が難しい場合でも、「X-MODE」のスイッチをONにしておけば、制御が瞬時に介入し、エンジン・トランスミッション・AWD・VDCを統合制御。4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールすることで、スムーズに脱出することができる。

また、下り坂などで車速が急に上がってしまう場合には、一定の車速を維持して下ることができる「ヒルディセントコントロール」が作動する。

オフロードコースでフォレスターの悪路走破性を体感

スバル 新型フォレスター オフロード試乗体験
スバル 新型フォレスター オフロード試乗体験スバル 新型フォレスター オフロード試乗体験

今回はダート、デコボコ、水、崖など「オフロードにありがち」なシチュエーションを再現したコースが設定されていた。

コースの前半はダート。新型フォレスターでは、ステアリングのギア比が変更され、より機敏にパイロンスラロームを通過する。

しなやかに動くサスペンションのおかげでデコボコ道もスムーズ、またアプローチアングルが拡大したことで段差のある場所も難なく乗り越えられた。

水中でも、得意とする悪路走破性を発揮し、躊躇せず進むことができる。

極めつけは崖の登り降り。特設コースでは斜度25度から27度の崖が用意されていた。

スバル 新型フォレスター オフロード試乗体験
スバル 新型フォレスター オフロード試乗体験

「X-MODE」のスイッチを入れ、インパネ上部の画面で「X-MODE」が作動したことを確認してからアクセルをゆっくり踏めば、急な坂道でも問題なく登っていける。

また、崖から降りるときは、「ヒルディセントコントロール」が作動。ブレーキを離すと時速20km程度でゆっくり下るので、ドライバーは安心してハンドル操作に集中できるというわけだ。

試乗会の参加者は、自らハンドルを握りオフロードコースにチャレンジしていた。

普段はなかなか体験することができないフォレスターの悪路走破を、存分に体感した1日となった。

なお、新型フォレスターの発表は、10月28日。「東京モーターショー2015」(プレスデイ)で行われる予定となっている。

スバル フォレスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル フォレスター の関連記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/23~2017/8/23