autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 在日ドイツ大使館、公用車にBMW i3を採用

自動車ニュース 2014/7/30 11:08

在日ドイツ大使館、公用車にBMW i3を採用

関連: BMW i3
BMW i3(アイ・スリー)

ビー・エム・ダブリューは、BMW 初の電気自動車(EV)「BMW i3(アイ・スリー)」を1台、在日ドイツ連邦共和国大使館の公用車として納車した。

納車したBMW i3の仕様はバッテリー駆動のみの標準車で、内装のグレードがLOFT(ロフト)。大使館公用車として主に都内のモビリティに使用される予定。バッテリー駆動のため大使館員にとってはCO2排出量がゼロの移動手段となる。メガシティ・ビークルとして開発された同車にとりまさに相応しい活躍の場が提供されたことになる。

日々の充電は大使館敷地内に設置されたオプション設定の普通充電器、「Wallbox(ウオールボックス)」で行われる。

BMW i3について

BMW i3(アイ・スリー)

大都市圏向けのクルマとして専用設計された電気自動車であり、一回の充電で、約160kmまでの走行が可能である。

走行モードをECO PRO(エコ・プロ)モードにする事により約180km、ECO PRO+(プラス)にする事により約200kmまで航続距離を延ばす事が可能(実用走行を想定したBMW社内基準)であり、レンジ・エクステンダー(発電用エンジン)搭載モデルにおいては、航続距離を約300kmまで延ばす事が可能である。

日本仕様のBMW i3はCHAdeMO(チャデモ)方式の急速充電に対応し、急速充電の利用により、約30分で80%充電が可能となる。通常使用する自宅や勤務先での普通充電の場合は、約8時間で満充電となる。車両寸法は日本の機械式駐車場の利用が可能となるよう、全幅1,775mm、全高1,550mmを実現している。

BMW i3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW i3 の関連記事

BMW i3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW i3 の関連記事をもっと見る

BMW i3 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/17~2017/10/17