BMW「i3」新型バッテリー搭載モデルを発売|最大航続距離466kmを実現

新型バッテリー搭載の「i3」を発売、バッテリー容量を約30%拡大

BMWは2019年2月6日、新型のバッテリーを搭載し、最大航続距離466kmを実現した電気自動車「i3 新型バッテリー(120Ah)」を発売した。価格は543万円~592万円(消費税込み)。

BMW i3 新型バッテリー(120Ah)は、約30%容量が拡大した新型リチウムイオン・バッテリーを搭載し、総電力量は33kWhから42kWhに増加している。

一回の充電走行可能距離は、新燃料消費率基準であるWLTCモードで360km。さらにレンジ・エクステンダー装備車では466kmを達成し、実用性をより高めたモデルとなっている。

また電気モーターによる後輪駆動式を採用し、最大出力125kW/170ps、最大トルク250Nmを発揮すると共に、時速100kmまで7.3秒で加速するなど、ストレスを感じさせない走りを実現している。

BMW i3について

BMW i3は「大都市における持続可能なモビリティ」を提供するBMWのサブ・ブランド「BMW i」の電気自動車として、2014年4月に発売された。「設計から生産、販売に至るまで持続可能なモビリティを実現する」というコンセプトのもと、量産車として初めてCFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)を基本骨格に採用するなど、徹底的な軽量化をはじめとした革新的な手法を数多く採用している。

BMW i3新型バッテリー(120Ah) スペック・価格

通常モデル

■全長×全幅×全高:4020mm×1775mm×1550mm

■ホイールベース:2570mm

■車両重量:1320mm

■一充電走行距離(WLTCモード):360km

■最高出力:125kW(170PS)/5200rpm

■最大トルク:250Nm/100~4800rpm

■価格:543万円

レンジ・エクステンダー装備車

■全長×全幅×全高:4020mm×1775mm×1550mm(共通)

■ホイールベース:2570mm(共通)

■車両重量:1660mm

■一充電走行距離(WLTCモード):466km

■最高出力:125kW(170PS)/5200rpm

■最大トルク:250Nm/100~4800rpm

■価格:592万円

※いずれも消費税込み

この記事の画像ギャラリーはこちら
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW i3の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW i3のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW i3の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW i3の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW i3のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる