autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、欧州で過去最高の販売を達成するための商品攻勢を開始

自動車ニュース 2014/3/4 10:15

日産、欧州で過去最高の販売を達成するための商品攻勢を開始

日産自動車のチーフプランニングオフィサー、アンディパーマー副社長は、「欧州では今後、新型車14車種を発売し、総額20億ユーロ以上の投資を行うことで、2014年の欧州での生産台数を過去最高の水準にまで引き上げる」と発表した。

パーマー副社長は3月4日、ジュネーブモーターショーにおいて、日産の欧州における最新の状況、および、同社の革新的な商品ラインナップを説明する予定。

◎ジュネーブ・モーターショー特設ページ

欧州での日産車への高い需要に加え、数多くの新型車、モデルチェンジ車を投入することに伴い、英国サンダーランド工場は24時間操業を実施し、更にスペインやロシアの工場も、多くの新型車を生産する準備を整える。日産は昨年、欧州で67万5,077台を生産したが、2014年も引き続き欧州でNo.1のアジア系ブランドとなるという目標を掲げ、生産台数は前年を上回ると見込んでいる。

パーマー副社長は、「現在、日産は、かつてないほど多くの車両を、欧州向けに生産、デザイン、開発しています。日産テクニカルセンター・ヨーロッパの知見と日産デザインヨーロッパによる最先端のデザインによって、私たちはセグメントをリードする革新的な商品、技術、魅力を作り上げています。」と述べた。

昨年、日産のサンダーランド工場は、「リーフ」を生産開始し、欧州で初めて電気自動車の生産に着手した。同工場は、新型「ノート」、および、日産のフラッグシップモデルである「キャシュカイ」の新型車の生産も開始。

日産「e-NV200」

2014年は、スペイン、および、ロシアでのオペレーションも本格化する予定。バルセロナ工場では、日産にとって2車種目の100%電気自動車となる「e-NV200」の生産の準備を整えている。同工場では、ベースとなる小型商用車の生産も行っている。数々の賞を受賞した小型バンでありワンボックス車でもある「NV200」をベースにした「e-NV200」は、ジュネーブモーターショーで初公開する予定。

また、日産は、ジュネーブモーターショーで、同社のクロスオーバーファミリーである「エクストレイル」および「キャシュカイ」も展示する。

スペインのアビラ工場では、新型小型トラック「NT500」の生産を開始したほか、バルセロナ工場では、「e-NV200」と共に、新型Cセグメントハッチバックの生産も間もなく開始。加えて、新しい1トンピックアップの生産に向けた準備も行っているところである。

一方、ロシアでは、ダットサンブランドの新型車2車種の生産準備を、またアフトワズとのアライアンス工場であるトリアッティ工場では、「アルメーラ」の増産を行っている。

24時間操業体制の英国サンダーランド工場では、「キャシュカイ」、「ジューク」、「ノート」および「リーフ」に加え、「リーフ」と「e-NV200」用のバッテリーの生産も行っている。

日産は、ジュネーブモーターショーにおいて非常に幅広いラインナップを展示する。ゼロ・エミッションから「GT-R NISMO」、さらに画期的な自動運転車両と共に、ル・マン24時間レースに参戦する予定の「Nissan ZEOD RC(Zero Emission On Demand Racing Car)」も展示する。日産は、デザイン、エンジニアリング、イノベーションへの比類なき情熱を示していくとしている。

パーマー副社長は、「多くの新型が投入される人気車種のおかげで、2014年は、欧州での生産が過去最高の水準となります。日産は、引き続き2016年に欧州No.1のアジア系ブランドとなるという目標に向かって取り組んでいきます。」と語っている。

日産 リーフ 関連ページ

日産 GT-R 関連ページ

日産 ジューク 関連ページ

日産 ノート 関連ページ

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28