autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ「アテンザ」一部改良 ~先進安全装備を充実、2.5L エンジン車の燃費を向上~

自動車ニュース 2013/11/6 11:25

マツダ「アテンザ」一部改良 ~先進安全装備を充実、2.5L エンジン車の燃費を向上~

マツダ アテンザ

マツダは、『アテンザ』の一部商品改良を行い、11月1日(金)に発売を開始した。

今回の商品改良では、「20S」「XD」に、低速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で軽減する「SCBS(スマートシティブレーキサポート)」を標準装備とした。

また、滑らかでパワフルな走りと優れた燃費性能を両立するガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」搭載機種のJC08モード燃費を16.0km/Lへと向上。その結果、エコカー減税(環境対応車普及促進税制)の75%減税の対象となっている。(なお、「SKYACTIV-D 2.2」「SKYACTIV-G 2.0」搭載車は、従来と変わらず免税対象)

さらにSKYACTIV-D 2.2搭載車では、新たに電動スライドガラスサンルーフをオプション設定するとともに、6MT搭載機種に本革シートなど装備を充実した「XD Lパッケージ」を追加設定。

CDなどの2チャネル音源でも包み込まれるような臨場感が得られるCenterpoint2(センターポイント2)機能付き「Bose®サウンドシステム(11スピーカー)」を「Lパッケージ」に標準装備とした。

なお、新しいボディカラー「ディープクリスタルブルーマイカ」をはじめ全7色を用意している。

◎関連記事

■マツダ 新